Win7サポート終了直前 失敗しないノートPC選び戸田覚の最新デジタル機器レビュー

Windows 7のサポートが終わる2020年1月14日まであとわずか。この年末年始は新しいパソコンに買い替えるチャンスだ。今回は、10万円台で買える国内メーカーのモデルを3製品紹介する。なお、出たばかりのモデルも多く、遠からずここで表示した価格よりも数万円安く買えるようになるだろう。

国内メーカーを選んだのは、安心感からだ。キーボードが日本語入力に向いており、サポートも安心。また、大手家電量販店で相談しながら購入できる。

働き方改革などで、モバイルノートへの注目が集まっているが、今でも一番売れているのはA4ノートだ。パソコンを持ち歩く気がなく、家で使うならA4ノートが無難な選択だ。画面が大きいので作業性が高く、テンキーが付いているので数字も打ちやすい。なにより、これまで使い続けてきたのがA4ノートなら同じカテゴリでの買い換えが妥当だろう。

LAVIE NS300/NA
メーカー:NEC 
製品名:LAVIE NS300/NA 13万7800円 
画面サイズ:15.6インチ(1920×1080ドット) 
CPU:Core i3-8145U 
メモリー:4GB 
記憶装置:1TB HDD(インテルOptaneメモリー) 
重量:2.2キロ 
バッテリー駆動時間:9.6時間
LIFEBOOK AH42/D3
メーカー:富士通 
製品名:LIFEBOOK AH42/D3 10万9780円 
画面サイズ:15.6インチ(1366×768ドット) 
CPU:Celeron 4205U 
メモリー:4GB 
記憶装置:256GB SSD 
重量:2キロ 
バッテリー駆動時間:8時間
dynabook T4
メーカー:Dynabook 
製品名:dynabook T4 13万3980円 
画面サイズ:15.6インチ(1920×1080ドット) 
CPU:Celeron 4205U 
メモリー:4GB 
記憶装置:1TB HDD 
重量:2.4キロ 
バッテリー駆動時間:9時間 

デザインにかなり違いがある

このクラスの格安のモデルは、とても激しい価格競争になっているので、ボディーに掛けるコストが限られる。コストをどれだけ抑えて、見栄えをよくするかが競争のポイントだ。ただし、ここ最近はディスプレーの額縁部分を細く設計したモデルが人気になっている。つまり、同じ画面サイズながら本体が小さく設計できるわけだ。本体が小さければ、持ち運びがしやすくなり、また机の上でも若干ながら場所を取らない。

LAVIE NS300/NAは、家庭向けのパソコンとしてはかなり地味だ
LIFEBOOK AH42/D3は、スッキリしたデザインで好感が持てる
dynabook T4は、インプリントによる柄模様が特徴。ちょっとデザインが古い

すでに、上位モデルはほとんどが狭額縁になっており、10万円程度の安価なモデルも遠からず狭額縁になってくるはずだ。だが、今回の3製品で狭額縁なのは、LIFEBOOK AH42/D3だけだ。見た目にも斬新で、本体が一回り小さいのがうれしいところ。

LAVIE NS300/NAはキッチンスケールの計測で2キロ程度と軽い
最軽量のLIFEBOOK AH42/D3は、2キロを切っている
dynabook T4は最も重かった

さらに、重量も3モデルの中では最も軽い。

サイズの差はかなりある。上からLIFEBOOK AH42/D3、LAVIE NS300/NA、dynabook T4