ホンダがオーディオに進出 「音楽用蓄電器」って何?「年の差30」最新AV機器探訪

ホンダが開発したオーディオ用蓄電器。なぜホンダがオーディオに関わるのか、開発者に話を聞いた
ホンダが開発したオーディオ用蓄電器。なぜホンダがオーディオに関わるのか、開発者に話を聞いた

自動車や二輪車のイメージが強いホンダが、オーディオ用蓄電器「LiB-AID(リベイド) E500 for Music」を開発した。自社の蓄電器「LiB-AID E500」をオーディオ用に特化させたもので、音楽再生時のノイズを低減させる効果がある。ホンダはなぜ、この製品を開発したのか。平成生まれのライターと、昭和世代のオーディオビジュアル評論家が話を聞いた。

音を良くするためクリーンな電源を

小沼理(27歳のライター) 今日はホンダに来ていますが、ホンダって車のメーカーですよね。オーディオとどう関係があるんでしょうか。

小原由夫(55歳のオーディオ・ビジュアル評論家) 「LiB-AID E500 for Music」という、オーディオ機器用の蓄電器を発表したんですよ。私も「なぜホンダがオーディオ業界に?」と不思議だったので、こうして取材に来たわけです。

小沼 そもそも、蓄電器ってキャンプや災害時に使うイメージです。オーディオとどう関係があるんでしょう?

小原 家で使っているコンセントとは別にオーディオ専用の電源を用意したということでしょう。オーディオ機器を使うとき、普通の家庭はコンセントから流れる「商用電源」を使いますよね。しかし、その電気は電柱の「トランス(変圧器)」で高圧から低圧に変換され、各家庭に分配されています。この状態だと、他の家が電気を使うと細かなノイズが発生して、音に影響するんです。

小沼 本当に? なんだかすごい話ですね。

小原 オーディオマニアでは一般的な話ですよ。このノイズを嫌って、自分の家専用に電気を供給してくれる「マイ電柱」を立てる人もいますから。

小沼 え、電柱を立てるんですか?

小原 そうです。ちなみに僕もその一人ですよ(笑)。とはいえ、マイ電柱はさすがにハードルが高い。蓄電器なら商用電源から独立したクリーンな電気を手軽に確保できるという狙いでしょう。面白いアイデアだと思います。

小沼 なるほど、それで取材に来たわけですね。マニアの深淵をのぞいてしまった気がします……。ひとまず、ホンダに話を聞いてみましょう。

想定外だったオーディオファン

小沼 お話をうかがうのは、本田技術研究所「LiB-AID E500 for Music」開発責任者の進正則さん、開発を担当した小野寺泰洋さんです。

小原 率直に、なぜこの製品を作ろうと思ったのでしょう?

左から小野寺さん、進さん
MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
オーディオのセオリー通り
MONO TRENDY連載記事一覧