シュンペーターで考えるスマホ 日経読書面今週の5冊2019年12月7日付

毎週土曜日付の日本経済新聞の読書面で、評者の署名入り書評を掲載した本を紹介します。書評は日経電子版で読むことができます。

 

◇   ◇   ◇

 

スマートフォンは誰を豊かにしたのか 小林大州介著

>>日経電子版で書評を読む 「シュンペーターの分析 援用」

(現代書館・2200円) こばやし・だいすけ 74年生まれ。北大院博士課程修了。博士(経済学)。北大地域経済経営ネットワーク研究センター共同研究員。専門はシュンペーター学説史。 ※書籍の価格は税抜きで表記しています


トウガラシ大全 スチュアート・ウォルトン著

>>日経電子版で書評を読む 「辛さが持つ魔力 解き明かす」

原題=THE DEVIL’S DINNER (秋山勝訳、草思社・2000円) ▼著者は英国の作家。人文学や食物史を中心に執筆する。 ※書籍の価格は税抜きで表記しています


ソビエト・ミルク ノラ・イクステナ著

>>日経電子版で書評を読む 「ラトビアの誇り示す文学性」

(黒沢歩訳、新評論・2000円) ▼著者はラトビア・リガの生まれ。小説、随筆、舞台シナリオなどを多数執筆する現代の同国を代表する作家。 ※書籍の価格は税抜きで表記しています


日本人にとってエルサレムとは何か 臼杵陽著

>>日経電子版で書評を読む 「聖地体験から歴史読み解く」

(ミネルヴァ書房・3200円) うすき・あきら 56年生まれ。日本女子大教授。著書に『大川周明』『世界史の中のパレスチナ問題』『「中東」の世界史』など。 ※書籍の価格は税抜きで表記しています


情動はこうしてつくられる リサ・フェルドマン・バレット著

>>日経電子版で書評を読む 「定説崩し新たな在り方示す」

原題=HOW EMOTIONS ARE MADE (高橋洋訳、紀伊国屋書店・3200円) ▼著者は米ノースイースタン大特別教授。 ※書籍の価格は税抜きで表記しています


ビジネス書などの書評を紹介