――ダウン以外のアイテムはどのような点がスポーティーなのでしょうか?

「まずCCP(シーシーピー)のパンツは、ジョガーパンツのような細身のテーパードシルエットで、生地にストレッチが利いているところ。シューズについては、レザーシューズではなくスニーカーを選んでいる点ですね」

――「ちょうどいいバランス」を目指すとなると、スニーカーでは保てなくなるのではないでしょうか。

「スニーカーでも持っている雰囲気が異なります。例えばハイテクスニーカーを合わせればその傾向はより強まるのかと。ただ、これはビンテージライクな細身のシルエットです。先進性のあるジャケット、パンツに対していい意味での違和感を与えてくれます。あとは清潔感のあるホワイトもポイントかもしれません」

――なるほど。

「あとは全体の色味に統一感があるので、インナーにはパイル生地のカットソーを選びました。タオルのような奥行きのある素材感が適度なアクセントになっています」

――このダウンジャケットの魅力も教えてください。

「すっきりとしたシルエットなのでブルゾン感覚で気軽に羽織れます。ダウンジャケットが苦手な方にもおすすめしたい一着です。生地はブランドのオリジナルで、ストレッチが入っていてはっ水性もあります。また裾に付いていることが多いドローコードがポケットの中にあるので、ポケットから手を出さずに裾を絞れるのもうれしいですね」

「ドローコードをポケットからグイッと引き出して調整も可能です」

ツイードパンツ×ムートンブーツで「クラシカル」に

――3組目も同じくモノトーンですね。

ジャケット 9万円(ウィズロム)、トップス 1万2800円(エクスパンション)、パンツ 1万5800円(メイプル)、シューズ 3万円(スイコック)

「もともとビビッドな色が好みなのですが、最近はモノトーンを身につけたい気分でして。これはWISLOM(ウィズロム)のダウンジャケットを中心に、ツイードライクな素材のパンツを合わせて、適度にクラシカルさを取り入れました」

――クラシカルなアイテムを選んだ理由はなんでしょう?

「長いことアメリカのストリートスタイルがトレンドだった反動か、最近は英国の伝統的なスタイルが注目されているんです。特にツイードは人気の素材ですね」

――さりげなくトレンド感を取り入れているんですね。ブーツもユニークですね。

「実はムートンブーツです。一般的なものよりもシルエットが細身なので目立ちすぎず、テーパードのパンツとも相性がいい。クラシカルなスエードシューズのような感覚で履けます」

――今っぽさを引き立てるアクセントになっているのですね。ダウンジャケットの特徴も教えてください。

「裾の後ろ部分はスタイルに応じて着脱できます」

「米国の特殊部隊が着用しているビッグサイズのアウター『モンスターパーカー』をベースに、街中でも着やすいサイズにしたダウンジャケットです。裾の後ろ部分が長めに作られているので、腰回りもあたたかい。生地ははっ水性と耐水性が高く、大きめに作られたフードをかぶれば軽い雨なら乗り切れます」

※表示価格は税抜き

文:山梨幸輝 写真:長井太一

「プロのコーデ」記事一覧

SUITS OF THE YEAR 2020

新型コロナウイルスの影響で、2020年は初のフルCGで作成した会場でのバーチャル授賞式。
時代の節目に挑み、大切なメッセージを放つ5人を表彰した。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
GIFT SPECIAL 2021
SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
Instagram