ブラウンのインナーでトレンド感をプラス

――本日は、コーディネートを3組用意してもらいました。1コーデ目はデニムやセーターと合わせたベーシックなスタイルですね。

コート 4万7000円(ハブアグッドデイ×ナンガ)、ニット 1万8000円(スティルバイハンド)、シューズ 3万円(ブルーオーバー)

「Have a good day × Nanga(ハブアグッドデイ×ナンガ)のダウンコートを中心に組みました。ダウンのナイロン素材に対してナチュラルで落ち着いた印象のウールニットを組み合わせたり、上品な色味のデニムパンツを合わせたりすることで、ちょうどいいバランスを目指しています」

――色味も全体的に落ち着いていて、幅広い方に取り入れられそうです。

「あとは、トレンドカラーのブラウンをインナーに合わせることで今っぽさを演出しています。もちろんデニムのカラーとの相性もいいですね」

――今まさに注目のカラーだと。ダウンコートにはどんな魅力がありますか?

「保温性はもちろんですが、首回りがゆったりとしています。僕みたいにがっしり体形でもボタンが一番上まで留められるのはうれしいですね。防寒性という意味でも、ダウン選びで重視するポイントかと」

――シューズにサンダルを選んだ理由はなんでしょう?

「革靴も候補として考えたのですが、堅い印象になりそうだなと思いまして。40代という僕の年齢を考えるとちょっとした遊び心が欲しくなってくる。そこで冬でも履けるサンダルを選んでみました」

スポーティーなダウンにはレトロなスニーカーを

――2組目のコーディネートはより細身なシルエットですね。

ジャケット 6万8800円(マニュアルアルファベット×ナンガ)、トップス 1万6000円(シングファブリックス)、パンツ 2万円(シーシーピー)、シューズ 1万2800円(ゼットディーエー)

「Manual alphabet × Nanga(マニュアルアルファベット×ナンガ)のダウンジャケットを中心に組んだ、休日のリラックススタイルです。腕回りがすっきりしていてスポーティーな印象も感じられるので、それに合わせて同じくスポーティーなアイテムを選んでいます」

SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
SPIRE
次のページ
ツイードパンツ×ムートンブーツで「クラシカル」に
SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
Instagram