演出家・鈴木裕美 終の棲家は人が集まるご機嫌な場所

日経ARIA

築37年の中古マンションをフルリノベーション。高台にある、見晴らしのいい部屋
築37年の中古マンションをフルリノベーション。高台にある、見晴らしのいい部屋
日経ARIA

見晴らしのよさと日当たり。吟味されたものたちと壁一面を埋め尽くす書籍に囲まれながらも、すがすがしい抜け感。

この家に住むのは『フローズン・ビーチ』『かもめ』など話題の舞台を手掛け、演劇界をリードする演出家・鈴木裕美さん。

大学時代、住居設計を専攻していたという鈴木さんが自ら意図し、図面案を設計。築37年の中古マンションをリノベーションした。「越して来て1年の間だけでも、のべ100人以上の友達が訪ねて来た」という。

1年で100人以上の友達が訪れる、風通しのいい家

演出家 鈴木裕美さん。「これでもずいぶん捨てた」といいながら、壁一面の本棚。戯曲や写真集などの本が多く、どれも第一線で仕事をしてきた鈴木さんのかけがえのない相棒たち

聞けば、夜な夜な料理好きの友人がやって来ては、この家で料理の腕を振るい、飲んで、食べていく。時にはお風呂に入っていく人あり、時には家主が仕事に出かけている間に、自分の友達を呼んで飲んでいる人あり。「もともと、人をたくさん招くことができる家にしたかったんです。できれば、この家に来た友達が、気兼ねせず、それぞれ好き勝手にふるまえるシステムになるともっといい」――そう思っていたら、本当に実現できたという。

つい先日も、寿司握りが趣味という職人はだしの若い役者仲間が、近所の魚屋で新鮮な魚を調達し、ゲストの希望に応えてその場で握るという寿司バーが開催されたそう。「まさか、ダイニングテーブルが寿司カウンターに様変わりする日が来るとは、想定していなかったですね(笑)」

このリビングで最大15人の役者やミュージシャンなど演劇仲間と飲み明かすことも。「広いダイニングテーブルでグラスを片手に朝まで語り合う人がいれば、ソファや床で寝落ちていく人も(笑)」

「好きなものだけに囲まれた住まいをつくりたい」と考え始めたのは、50歳を過ぎてから。その思いをかなえるには小さな戸建てを建てるか、中古物件をリノベーションするかの二択だった。悩んだ末、「管理や維持がしやすい」という理由で、中古マンションのリノベーションを選択した。

実は、理想のひとり暮らしを構想し始めた時、友人から「それは終(つい)の棲家(すみか)になるかもしれないね」と言われたとか。

注目記事
次のページ
「この家で死ねたら、ありがたい」