素敵な図書館のある街に行こう 前向きエスケープ術立川吉笑

一般にも開放している国際教養大学の中嶋記念図書館(秋田市)=同大提供
一般にも開放している国際教養大学の中嶋記念図書館(秋田市)=同大提供

ありがたいこととは思いつつも、時間に追われるスケジュールが長く続くときは、やっぱり消耗する。体力だけならまだしも、心が疲れてしまうといけない。だから「本当に辛(つら)いなぁ」と思ったときだけ発動する自分のための特別措置がある。事務作業でも原稿執筆でも「素敵(すてき)な図書館でやる」というものだ。

数年前、ある雑誌の特集で日本中にそんな図書館がいくつもあることを知った。どうせやらねばならない作業なら、日常とはかけ離れた場所、しかもめちゃくちゃ気持ちいい空間で取り組めば気分転換になるんじゃないかと思いついた。それ以来、忙しい日が続いて本当に辛くなったときに、落語の出番が2日ほどなければ、東京を離れて知らない街の図書館に行くようにしている。

最優先は天気、本は持参

どこに行くか決める際に最優先するのは天気。晴れの方が気持ちいいから、全国の天気をチェックして、できるだけ雨の降りそうにない場所をリストアップする。そして、晴れエリアにある図書館で「ここは雰囲気が良さそうだ」と思う場所を調べて、移動手段と宿泊先を確保する。休館日でないことのチェックも忘れずにする。

そのほかは何も調べず、思い立ったが吉日とばかり、すぐに現地へ行く。とにかく仕事道具と最低限の宿泊セット、それから2日間で読む本を何冊かリュックに詰めれば準備完了だ。

図書館に行くのに自分の本を持参するのは、本じゃなくて「場所」が目当てだからだ。特に僕は読みながら思ったことを本に書き込みたいタイプだから、図書館の蔵書はまずい。本が目当てだったら国立国会図書館に行けばいいし、もっと言えば、旅費で目当ての本を買えばいい。そうじゃなくて、あくまでも空間として図書館や街を楽しみに行くのだ。

旅先では観光などはほぼせずにホテルと図書館の往復のみが基本。近くに緑豊かな散歩コースがあればベスト。食事も郷土料理などごちそうを食べることはせずに、いつも通りかそれ以上に質素にする。とにかく図書館のある街に出かけ、事務作業をしたり、稽古をしたりするのを旅のピークに設定する。迷いなく作業に没頭できるし、最終日にはやれることはやったと気持ちも晴れやかになる。

これまで出かけた先で特に気に入ったのは石川県の「金沢海みらい図書館」、岐阜県の「岐阜市立中央図書館」、そしてこの秋に行った秋田県の「国際教養大学・中嶋記念図書館」。どれも「素敵な図書館特集」があれば必ずランクインしてくる場所だ。

エンタメ!連載記事一覧
注目記事
次のページ
宿・図書館・森を行ったり来たり
エンタメ!連載記事一覧