10分間のアロマ体験がヒット マッチとお香を一体化

日経クロストレンド

「hibi」シリーズは、8本入りで専用マットが付いて価格は650円(税別、以下同)。レモングラスやラベンダーなどの香りがある。2019年グッドデザイン賞を獲得した
「hibi」シリーズは、8本入りで専用マットが付いて価格は650円(税別、以下同)。レモングラスやラベンダーなどの香りがある。2019年グッドデザイン賞を獲得した
日経クロストレンド

ドイツ・フランクフルトで毎年開催される、世界最大級のインテリア見本市「アンビエンテ」。2019年2月8~12日の期間中、「アンビエンテ トレンド」と銘打った特別展示があり、ある日本企業の製品が選ばれて話題になった。

特別展示は先進的な出展企業ばかりを集めた、いわばトレンドを先取りするゾーン。この注目を集めた日本企業が神戸マッチ(兵庫県太子町)だ。マッチを製造・販売する同社は今回、マッチとお香を組み合わせたアロマ製品「hibi」シリーズの新製品「deep.」を展示して来場者の関心を呼んでいた。

hibiは一見すると、黒いマッチのようだ。しかしマッチを擦るように火を付けると、立ち上るのは煙ではなく、お香の匂い。先端部はマッチと同じように着火部分だが本体がお香という、新しい発想から生まれた。専用の不燃マットが付き、その上にお香を置くだけ。燃焼時間は約10分だが、ディフューザーを使う場合と異なり、いつでもどこでも手軽に香りを楽しめる。

15年に発売して以来、同シリーズにはラベンダーやレモングラス、ティーツリーなどの香りの他、ヒノキや白檀(びゃくだん)、桂皮(けいひ)といった日本的な香りを持たせた製品もある。主なターゲットは20~40代の女性で、hibiは同社の売り上げの2割を占めるまでに成長した。新製品のdeep.はシダーウッドやオークモスなどの香りがあり、新しく男性向けの市場を狙った製品だ。

この他、「蔦屋書店」などデザインを重視する店舗からオリジナルの香りを持つ製品開発を依頼されるなど、おしゃれなアイテムとして注目されている。

2019年2月にドイツ・フランクフルトで開催された「アンビエンテ」での神戸マッチのブース
新製品「deep.」は男性向けに、シダーウッドやオークモスなどの香りが楽しめる。価格は750円

お香メーカーと3年かけて開発

なぜhibiを開発しようと考えたのか。同社は1929年に創業し、企業名と同じく今でもマッチを作っている。だが需要は70年代がピーク。09年には戦後のレトロな図柄を生かしたマッチを開発するために「マッチデザインファクトリー」を立ち上げるなど、デザインとの関わりは深かった。しかし需要の減少を補完するまでには至らず、新たな製品を考える必要があった。

「マッチ製造は姫路地方の地場産業であり、火を付けるという技術を生かせないかと考えた。同じ地域の淡路島にはお香メーカーがあるので、そこと一緒に何かしたいと思ったのが開発のきっかけだった」(嵯峨山真史社長)。

MONO TRENDY連載記事一覧
次のページ
海外向け売り上げが約3割占める
MONO TRENDY連載記事一覧