powered by 大人のレストランガイド

好きなクラフトビール好きなだけ タイトーが量り売り

18基のタップからそれぞれ異なるビールを自分で注いで楽しめる
18基のタップからそれぞれ異なるビールを自分で注いで楽しめる

「食(イート)」と「遊び(エンターテインメント)」を融合させた「イータテインメント施設」を標榜する飲食店「EXBAR TOKYO(エクスバートーキョー)」が11月13日、東京・銀座で開店した。立ち上げたのがタイトーと聞けば、なるほどと思う。同社は1978年にスペースインベイダーで一世を風靡して以来、日本のゲーム事業界に君臨している。創業は53年で、輸入雑貨類の販売、国内初のウオッカの醸造・販売を手掛ける会社の設立(当時の社名は太東貿易)、翌年にはジュークボックスの賃貸事業を開始するなど、ゲームにとどまらない幅広いエンターテインメント、「コト消費」に貢献してきた。

この店の最大の特徴は、今日本を含めて世界中で人気となっているクラフトビールをとことん楽しめるシステム「エクスサーバーシステム」が導入されたこと。ビール関係者からも注目を集めているこのシステムは、客が自分で注ぐビールサーバーで、ビールの量を自動的に測定し、量に応じた料金が決済できるというもの。このシステムはもともと米国発祥で、米国での導入は進んでいるが、タイトーが「エクスバートーキョー」の出店に当たり、日本で初めて自ら開発した。

このシステムには18のタップ(ビールを注ぐ蛇口、カラン)が設置されており、18銘柄のクラフトビールが提供される。客が入店時に渡されるICリストバンドを飲みたい銘柄のタップの上部にかざすと、銘柄名と1ミリリットル当たりの料金が表示されるので、タップを引いてビールを注ぐ。飲みたい量がグラスにたまったらタップを戻す。つまり、好きな量だけ、客が自分で注ぐことができるのだ。ビールの料金は、退店時にほかに注文した料理などと合計され、請求額が提示される。

このシステムが画期的だと思うのは、クラフトビールを少量ずつ何種類も楽しめるところではないだろうか。クラフトビールばやりで、様々な銘柄がお目見えしているものの、ビールはどうしてもおなかがいっぱいになってたくさん飲めないという人もいる。あるいは、これまでにない味に挑戦してみたいと思っても、実際に自分の好みでない味だった場合、飲み切れないということもあるだろう。その場合は、試しに少しだけ注いで味見をすることができる。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト