powered by 大人のレストランガイド

新時代令和のラーメン総括 わざわざ訪ねたい厳選3店

「キング製麺」の「白だしラーメン」
「キング製麺」の「白だしラーメン」

新時代令和を迎えた2019年、残すところ1カ月を切った。これまでに多くのラーメン店を紹介してきたが、今回は、今年をしめくくるにふさわしい優良店を紹介する。都内の北部、西部とやや都心からは離れるが、わざわざ訪問する価値大の店だ。遅い時間まで営業している店もピックアップしたので、ぜひとも足を運んでいただければ幸いである。

キング製麺

<王子駅から徒歩5分。実力派店主の進化する自家製麺>

ロケーションは東京北部のターミナル、王子駅から徒歩5分弱。駅前から緩やかな坂道を登り、北区役所を横目で見ながら歩みを進めると、ほどなくシックな深緑色に彩られたシックな店舗が視界へと飛び込んでくる。それが、今回ご紹介する「キング製麺」だ。

オープンは19年3月。切り盛りするのは、2軒のミシュランガイド掲載店舗を率いる水原店主。「キング製麺」は同店主が率いるサードブランドとなる。

「サードブランドとなるこの店で取り組んでいきたいのは、麺づくり。これまでの店舗では製麺所から麺を取り寄せていましたが、そろそろ自家製麺に挑戦したくなりまして」

自家製麺を手掛けるに当たって同業者の友人から知恵を借り、自分が創るラーメンの麺にも活用できそうだと感じた手法は積極的に採用。オープン後も、栃木を代表する名店「手打ち焔(ほむら)」へと幾度も足を運び、その技法を自分なりに検討・分析するなど、努力の日々を重ねる。

ガイド本に載る店舗を率いる店主が立ち上げた

同店が提供する麺メニューは「白だしラーメン」と「山椒(さんしょう)ラーメン」。基本メニューは、券売機の筆頭を飾る「白だしラーメン」だ。

片口イワシ、昆布、アサリなどの魚介素材に加え、大量のカツオからだしを採ったスープは、刀のごとく研ぎ澄まされたうま味が、食べ手に鮮明な印象を刻む会心の出来栄え。そのスープを、自家製の平打ちストレート麺が余すところなく拾い上げ、口元へと運び込む。これを飲んで感動のため息を漏らさない食べ手など、存在しないだろう。

それだけではない。スープ表面に大小様々な円弧を描くラードが、スープに絶妙な野趣味を添えている点も、見逃せない。

鏡面のように麺肌滑らかな自家製麺がスープのみならず、ラードもしっかりと回収。乾物の和風味とラードの香味が舌上で一体と化し、ビッグバンのように口腔(こうこう)内でさく裂する。

そんなうま味の動的な移ろいに、しばし恍惚(こうこつ)の境地に陥ってしまった。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
メールマガジン登録
大人のレストランガイド