旅に災害時に快適空間 キャンピングカー高まる人気

Paravi

2019年、千葉県は台風による家屋等の損壊に加え、予想以上に停電が長引くという甚大な被害を被りました。そんなさなか、ある「車」が注目を集めました。

壊れた屋根を修理しようにも、停電が続いているため肝心の電動工具が使えず、さらには携帯電話の充電さえもままならぬ状況。そこへさっそうと現れたのは、1台の軽ワゴン車でした。

この軽ワゴン車、実は「キャンピングカー」。見た目は普通の軽自動車ですが、ソーラーパネルなどの電源システムを備えることで、消費電力の大きい電子レンジや冷蔵庫が車内で使えるといいます。

また、最大4人までの車中泊に対応したモデルなどもあり、キャンプのみならず災害時にも重宝しそうです。

人々の防災意識の高まりを背景にキャンピングカーの保有台数は、2009年からの10年で約1.6倍と右肩上がりに増え続けています。

ソーラーパネルなどの電源システムを備え、災害時にも大型家電を使うことができる

この映像と記事はテレビ東京「ワールドビジネスサテライト」(2019年9月17日放送)の内容を配信用に再構成したものです。

(C)テレビ東京

[PlusParavi(プラスパラビ) 2019年11月22日付記事を再構成]

[映像プレーヤーに倍速再生の機能が加わりました。ただし、Internet Explorerなど一部のブラウザではお使いになれません]

MONO TRENDY連載記事一覧