年末年始は転職の考えどき 人脈広げ、経歴も棚卸しエグゼクティブ層中心の転職エージェント 森本千賀子

これまでのキャリアを細かく振り返っておく

転職活動を始めるなら、企業に応募する際、必ず「職務経歴書」を提出しなければなりません。いつ何時、思いがけないチャンスが訪れるかわからないもの。時間があるときに作成しておくことをお勧めします。

職務経歴書は、単にこれまでの所属・経験業務を書き連ねればいいわけではありません。それだけの職務経歴書では「この人の強みがよくわからない」と、書類選考段階で採用を見送られてしまうケースは非常に多いのです。これまでの経験をより詳細に思い出し、以下の項目を整理してみましょう。

・所属した会社・部署

・担当した業務、役割、ポジション 

※プロジェクトの場合は、目的・規模・期間など

・挙げた成果と、成果につながった戦略策定や行動、工夫など

・これまでの経験で身に付けたスキル

以上の項目は、職務経歴書に記載するコンテンツとして活用できます。「成果」「身に付けたスキル」などは、「自己PR」欄などに記載することで、アピール効果が高まります。

重要なのは、「こんな成果を挙げました」だけでなく、そのプロセスを整理して、自分なりに「ノウハウ・ナレッジ化」し、できれば「メソッド化」しておくことです。応募先企業が見たとき「前の会社のリソースがあったからこそできたのだろう」ではなく、「うちの会社でも再現してくれそうだ」と思ってもらえるかどうかに留意し、体系立てて整理しておきましょう。

このほか、「企業選びの軸となり得ること」「面接に進んだ場合、注目されること」も整理し、言語化しておくといいでしょう。例えば、次の切り口で考えてください。

・仕事においてどんな場面で喜び、やりがいを感じるのか

・仕事においてどんな場面で苦痛やストレスを感じるのか

・これまでの経験のうち、これからも活かしていきたいことは何か

・新しくチャレンジしてみたいことは何か

・仕事において何を大切にしたいのか、その優先順位はどうか

・今後どんな自分になりたいのか

上記を考えてみると、自身の「価値観」を再認識することができます。この「価値観」こそが、企業の面接、特に最終面接での採否を左右するものとなり得ますので、しっかりと見つめ直してみてください。

時間があるときに「失敗体験」を振り返っておくのもお勧めです。面接では、ときに「失敗した経験」と、「失敗をどうカバーしたか」「どのように立ち直ったか」「失敗から何を学んだか」を聞かれることがあるのです。

情報が入ってくる体制を整えておく

年末年始だからこそできること、それは「今後の抱負、将来ビジョンをしっかり語ること」です。日常でこれをするのは、「このタイミングでどうしたの?何かあったの?」と違和感を抱かれそうでためらわれますが、新年を迎えるタイミングであれば、熱のこもった発信もすんなりと受け入れられます。

「今年は転職する」とまで言わなくても、「こんなことにチャレンジしたい」「こういう姿を目指していきたい」とSNSなどで発信してみてはいかがでしょうか。

「それならこの人に会ってみては」「こんな集まりに参加してみては」「こんな会社が副業OKでこんな人を募集しているよ」といった情報が寄せられるかもしれません。

自分が求める情報が集まってくるような体制を、年始に築いておいてはいかがでしょうか。

※「次世代リーダーの転職学」は金曜掲載です。この連載は3人が交代で執筆します。

森本千賀子
m
orich代表取締役兼All Rounder Agent。リクルートグループで25年近くにわたりエグゼクティブ層中心の転職エージェントとして活躍。2012年、NHK「プロフェッショナル~仕事の流儀~」に出演。最新刊『マンガでわかる 成功する転職』(池田書店)、『トップコンサルタントが教える 無敵の転職』(新星出版社)ほか、著書多数。

管理職・ミドル世代の転職なら――「エグゼクティブ転職」

5分でわかる「エグゼクティブ力」
いま、あなたの市場価値は?

>> 診断を受けてみる(無料)

「エグゼクティブ転職」は、日本経済新聞社グループが運営する 次世代リーダーの転職支援サイトです

NIKKEI 日経HR


今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
注目記事
今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら