高畑充希『同期のサクラ』に考える上司と部下のあり方

高畑充希さん主演の連続ドラマ『同期のサクラ』(日本テレビ系)が好調です。このドラマは、高畑さんが演じる正しさを追求するがあまりに忖度(そんたく)ができない主人公・北野桜(サクラ)と、建設会社に同期入社した4人を始め、周囲の人々との10年間にわたるふれあいや葛藤を描いた物語です。

(イラスト:川崎タカオ)

サクラは「故郷に橋をかけたい」という夢を掲げているものの、曲がったことが許せない性格が災いし、希望の土木課には配属されず、人事部から関連会社に出向させられてしまいます。そんなサクラの一本気な性格を目の当たりにしてきた同期たちは、自分にはないサクラの実直さを尊敬し始め、次第に固い絆で結ばれるようになります。

自分にウソをつかずに生きられるか

ドラマの前半は、物語の進展とともに、サクラの味方が一人ずつ増えていく展開となっており、視聴者からは「なんだか泣けてくる」「こんな仲間っていいな」といった感想の声も上がっていました。

なかでも、ネット上で話題となっていたのが、サクラと女性上司・すみれとの関係が変化した第6話のエピソードです。この回では、相武紗季さんが演じる仕事と子育ての両立に追われる人事課のすみれが、新たなセミナープロジェクトのリーダーに任命され、奮闘する姿が描かれました。

この回のクライマックスですみれは、会社の社長の前で、組織が抱える理不尽さや不当さに対する意見を堂々と述べます。それに対し、社長からは「そんなことを言ってどうなるかわかってるのか!」と脅されるなか、「これからどんなに辛いことがあっても自分にウソをつかずに生きていこうという決心ができました。娘や後輩のサクラを見習って」と宣言します。結果、すみれは社史編さん室に異動させられてしまいますが、出向先で仕事をするサクラに対して、次のように励まします。

「私があなたの10年後だとしたら、どう思う? 私みたいになりたい? 無理してウソつかなくていい。いい? あなたは私みたいになっては絶対にだめ。あなたは10年後もその先も、ずっとそのままでいなさい。私はもうあなたみたいに生きられないから、あなたのことを応援する。これからも仕事で辛いことがたくさんある。女だから結婚して出産するかもしれない。私みたいに仕事と家族の間で悩むこともあるかもしれない。そんなときは私を頼りなさい。どんなことでも相談にのるから。そのかわり何があってもくじけないで。自分の生き方を貫き通しなさい。北野桜」

部下の生き方を尊重してくれる上司の存在

すみれのこの台詞に対し、視聴者からは「カッコいい。部下を守ってくれる上司」「理想的な上司と部下の関係だ」などと言った称賛の声が上がっていました。

この場面は、すみれが、自分を貫くサクラの姿勢を尊重し、すみれ自身の仕事との向き合い方や生き方を見つめ直した瞬間だったとも言えます。

実社会において、もしサクラのように自分を貫き通し、融通の利かない部下がいたら、上司にとっては扱いにくい存在になることでしょう。実際、ドラマの中で、すみれ自身も当初は、サクラの頑固さと忖度できない性格をやっかいに思っていましたし、チームや組織においては妥協することも必要であると説得する場面も多々ありました。

上司として、部下の至らない部分やマイナス面を注意し、指導することに注力していたのです。次第に、すみれはサクラの特性をマイナス面だけで捉えるべきではないのではないかということに気づきます。サクラの正しいと思ったことを真っすぐに貫く姿勢について、融通が利かず、組織にとって不利益な存在として捉えるのではなく、目先の利益だけでなく、長期的な視点で本来の意義や価値を見出すためには、正しさを貫くサクラの姿勢こそが組織においても社会においても大切なのではないかと……。

部下の性質について、マイナスを探す視点からみつめるのではなく、プラスを探す視点からみつめるようになったのです。

次のページ
相手の良い点をどれだけ見いだせるか