渋谷にフィルム山積み店 銀塩ブーム「普通」に広がるデジタルでは撮れない写真を求めて 最新フィルムカメラ最前線(3)

文化村通りにある「カメラのキタムラ」の店頭にはフィルムが山積みになっている。同店でプリントサービスを担当する奥さんに話を聞いた
文化村通りにある「カメラのキタムラ」の店頭にはフィルムが山積みになっている。同店でプリントサービスを担当する奥さんに話を聞いた

渋谷駅から徒歩5分、SHIBUYA 109から東急本店に向かう文化村通りに店を構える「カメラのキタムラ東京・渋谷」では、通りに面したところにカラーフィルムを山積みにしている。若い世代に人気の街で、誰が買うのか、どれぐらい売れるのか。同店でプリントサービスを担当する奥貴之さんに話を聞いた。

週末はレジに行列が

――通りに面した店頭のいちばん目立つ場所にフィルムが山積みになっていますが、渋谷でフィルムがそんなに売れるんでしょうか。

売れていますね。並べて売っている「写ルンです」も人気ですけど、フィルムも1日に何回も補充しないとなくなってしまうくらいです。フィルムを買うのは高校生の方もいますが、20代の方が多いですね。男女比は特にどちらかが多いということはありません。普通にこの辺を歩いている方に、普通に購入していただいている印象です。撮っている写真も、何気ない街並みだったり、美容師さんがカットモデルを撮っていたりです。

店頭で販売されているフィルム。取材中にも店員が少なくなったフィルムを補充していた

白黒のフィルムや中判カメラ用のブローニーのフィルムも扱っていますが、若い方が当たり前のように買っていきます。白黒のフィルムは現像所で処理するので仕上がりに数日かかりますが、それもご承知の上です。

店内にはモノクロフィルムやブローニーサイズのフィルムも並ぶ。真剣にフィルムを見比べる若者の姿も

――1日に現像する本数はどのくらいでしょうか?

きょうは平日だから少なめで、100本いくかいかないかでしょうか。休日だと150本ぐらいですね。現像と一緒にフィルムを買われる方も多くて、週末はお客さまがレジ待ちで列になることもあります。

カメラ選びはスマホで確認

――山積みになったフィルムの隣に中古カメラが並んでいます。渋谷店の3階には中古カメラ専門の売り場がありますが、カメラを買う人は3階へ行くのでは?

若い方には、3階の中古カメラの品ぞろえはちょっとハードルが高いみたいです。写ルンですから入ってフィルムカメラを使ってみたいという方が、いきなり一眼レフには手を出さないでしょう。「フィルムを入れ替えれば何度でも使えるから、写ルンですより経済的」という理由でフィルムカメラを選ぶ人もいるんです。だから3階まで行かなくてもいいように、1階にも手軽に使えるコンパクトメラを並べています。

あと店の前は人通りが多いので、外から見えるところにフィルムカメラを置いて、通りかかった方に見ていただきたいという狙いもあります。興味を持って立ち止まってくれる方がいたら、「カメラに触れますよ」ってお声がけしています。

通りから見える位置に置かれたフィルムカメラ。手を出しやすい価格のオートフォーカスコンパクトが多いようだ
MONO TRENDY連載記事一覧