【写真はこちら】DJ KOO ヘッドホンは仕事のスイッチ

2019/12/6
TRFのリーダー、DJ KOOさん。バラエティー番組にもひっぱりだこだ
TRFのリーダー、DJ KOOさん。バラエティー番組にもひっぱりだこだ

ダンス&ボーカルグループ、TRFのリーダーで踊れるサウンドの鍵を握るDJ KOOさん。近年は、バラエティー番組でもインパクトのあるルックスと生真面目でチャーミングな人柄でひっぱりだこだ。テレビ番組でも身につけているヘッドホンは、本業であるDJの必須アイテムだ。DJとして活動するきっかけの一つが、1977年に全米で公開され、全世界にディスコブームを巻き起こした映画「サタデー・ナイト・フィーバー」だったという。そんなDJ KOOさんは、ミュージカル「サタデー・ナイト・フィーバー」の公式サポーターを務める。映画のジョン・トラボルタよろしく、ラメ入りの白スーツを身にまとい、ヘッドホンへのこだわりを語ってくれた。

【記事はこちら】「TRFのDJ KOO ヘッドホンは仕事のスイッチです」

「ヘッドホンの片方だけを耳にあてるのは片方の耳でフロアに流れている音楽を聴き、ヘッドホンからは次に流す音を聴いているんです」
スワロフスキーのクリスタルでデコレーションしたヘッドホン。TRFが20周年を迎えたころからだという
映画「サタデー・ナイト・フィーバー」には人生の原点があるという
首にかけているのは夏から使い始めた最新作のヘッドホン
「サタデー・ナイト・フィーバー」の気分でポーズ
DJ KOO
1961年8月8日生まれ、東京都出身。19歳から東京・新宿のディスコでDJを始める。1986年に、世界的に著名なDJ HONDAらとリミックスチーム・THE JG’sを結成。1992年にTRFを結成、翌93年にデビュー。リーダーを務めるほか、DJやラップ、サウンドメイクなどを担当。11月6日に洋楽ヒットを集めたアルバム「KING OF PARTY mixed by DJ KOO」をリリースした。

ミュージカル「サタデー・ナイト・フィーバー」

1977年全米公開(日本公開は78年)の大ヒット映画「サタデー・ナイト・フィーバー」を、ビル・ケンライト演出、ビル・ディーマー振り付けで舞台化。ローレンス・オリヴィエ賞をはじめ数々の賞に輝くマシュー・ボーン作品に多数出演する、リチャード・ウィンザーが主演を務めることも話題のミュージカル。12月13日~29日に東京国際フォーラム・ホールCにて上演。

(文 橘川有子、写真 藤本和史)

MONO TRENDY連載記事一覧