つらい肩凝りや疲れ目解消 職場でできるかんたん体操ビジネスパーソンの不調を「きくち体操」で解決(下)

日経Gooday

さて、この動きがなぜ肩凝りにいいのでしょう。答えは2ページ目に(イラスト 内山弘隆)
さて、この動きがなぜ肩凝りにいいのでしょう。答えは2ページ目に(イラスト 内山弘隆)
日経Gooday(グッデイ)

赤いレオタード姿がトレードマーク、現在85歳ながら、開脚やY字バランスも楽々こなす菊池和子さんが創始した「きくち体操」をご存じだろうか。手足の指などの体の末端、足首や膝裏、股関節、肘など、普段あまり意識しない場所を意識して動かす。歯を食いしばって、鍛えたりはしない。動かすところに意識を向け、ゆっくりと丁寧に「脳を使って」動かすことで、脳と体の機能を相互に活性化させ、心身の不調改善につなげていくという体操だ。

中高年に多い不調への対策を体系化した『医師が認めた!究極のきくち体操』(日経BP)

50年以上もこの体操を教室で教え続けている菊池さんが4人の医師とコラボし、現役世代のビジネスパーソンに向けて初めて出版したのが最新刊『医師が認めた!究極のきくち体操』(日経BP)だ。メタボ、ロコモ、肩凝り、腰痛、姿勢、睡眠トラブル、物忘れなど、ミドルエイジが抱えがちな10の不調を解決するための「きくち体操」の肝となる考え方、合計40に及ぶ主要メソッドを一挙公開している。今回は、本書から「姿勢」に続き、「肩凝り」のパートを抜粋し、きくち体操流の考え方、メソッドを紹介していく。

たかが肩凝りと放置するのは危険!

パソコン仕事が長時間にわたる、座っている時に姿勢を気にしたことがない──。こうした働き方を続けることで、多くのビジネスパーソンが抱えがちなのが「肩凝り」。実際、2016年の国民生活基礎調査によると、自覚症状のある病気のランキングで、女性では20代から50代までの1位、男性では30代以上の2位が、肩凝りとなった。

多くの人が悩む不調だが、「肩凝りは、肩だけの問題ではありません」と菊池さんは言い切る。長い時間、パソコンの画面を凝視したり、細かい字を追うなど目も酷使しながら、同じ姿勢をとり続ければ、誰しも、肩がつらくなったり、痛みが出ることもあるだろう。そんな時、どんな対策をとるかが大切だという。

筋肉を動かし、血液を作る源・骨を弱らせない

「肩凝りの主な原因は、血液循環が悪くなり、血流が悪くなってしまうこと。血液は全身を巡っているので、当然肩だけをマッサージして済む話ではありません。血液はどこで作られているかというと、全身の骨、骨髄です。その骨が弱ると、新しい血液を作る力も弱まりますし血流も悪くなります。そして骨を動かしているのは、筋肉を動かす刺激です。つまり、自分で筋肉を動かすことで全身の血流を改善することが肩凝り解消の近道なのです」。

特に、長時間同じ姿勢でデスクワークを続け、動かすのはマウスを使うたった1本の指だけ。そんな仕事のスタイルを続けている人は、腕や脚、手の指先や足先の末端に至るまで、血流が滞っている可能性が高い。「まずは、太ももなどの大きな筋肉で作られている下半身の筋肉を強くし、多くの毛細血管が集まっている手足の指先などの血行を良くしていきましょう」と菊池さん。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
注目記事
次のページ
職場でできるかんたん体操
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント