衣類スチーマー アイロン追い越す勢い、手軽さに評価大河原克行のデータで見るファクト

衣類スチーマーの人気が上がっている(写真はイメージ=PIXTA)
衣類スチーマーの人気が上がっている(写真はイメージ=PIXTA)

アイロンの売れ行きに変化が起こっている。従来型のアイロンの販売比率が年々縮小しており、代わって衣類スチーマーの販売比率が増加しているのだ。東芝ホームテクノの調べによると、2014年には12%の構成比だった衣類スチーマーは、2018年には44%にまで拡大しており、2019年には46%の構成比に達すると見込まれている。市場の半分近くが、衣類スチーマーになっている。

衣類スチーマーが半分近くのシェアを占めるようになった(出典:東芝ホームテクノ)

アイロン掛けは、手間がかかる家事のひとつに位置づけられており、嫌いな家事のひとつにもなっている。アイロンの準備が面倒であるといった声や、片づけに手間がかかるという不満の声も多い。

東芝ホームテクノの調査でも42%の人が、アイロン掛けは、準備が面倒だと回答している。

4割を超える人がアイロンは準備が面倒だと思っている(出典:東芝ホームテクノ)

その点、衣類スチーマーは、アイロンほど準備に手間がかからない。

サっと取り出して、短時間で作業を開始できる。パナソニックの衣類スチーマーでは、電源を入れてから、約24秒で利用が可能だ。そして、衣類スチーマーならば、アイロン台を用意する手間もいらず、シャツをハンガーにかけたままたシワのばしができる。

パナソニックによると、衣類スチーマーの購入者のうち、「衣類のシワとり家事が、以前より好きになった」とした人は男性では31%、女性では32%。「好きではないが、以前より楽になった」という回答が、男性では56%、女性では54%に達したという。東芝ホームテクノの調査でも、「シワのばしは衣類スチーマーで十分満足している」という人が25%に達した。

また、アイロンと同様に、かけ面を使って、ズボンやハンカチをプレスし、折り目をつけることもできる。

「アイロン掛けでスジをつけてしまう」という人が22%(東芝ホームテクノの調査)おり、これも衣類スチーマーで解決できる。

パナソニックでは、「シワは分子が水素結合した状況であり、スチームなどの水分によって、水素結合が切れ、そこに、重さなどで衣類に力が加わると、繊維がきれいに並び、熱によって、再び分子同士が水素結合することでシワがのびる仕組み。衣類スチーマーは、シャツならば、10センチの幅を約3秒という速度でゆっくり動かせば、誰でも失敗せずにシワを伸ばすことができるという」とする。

さらに昨今では、イージーケアの衣類が増加しており、これも簡単に使える衣類スチーマーの需要拡大に影響しているとの指摘もある。

MONO TRENDY連載記事一覧
次のページ
脱臭や除菌にも効果
MONO TRENDY連載記事一覧