「ただいま」前にお掃除完了 進化するロボット掃除機

日経DUAL

センサーを複数組み合わせることで精度が向上

こういったことができるようになった理由のひとつに、センサーの進化があります。以前は赤外線で障害物を探知するのが一般的でしたが、今はそれに超音波やカメラを組み合わせ、複数のデータを収集します。それらのデータを総合すれば、より正確に状況を判断できます。たとえば、目の前にあるのが壁なのか、それともテーブルの脚なのかということは、これまで判別できませんでした。しかし複数のセンサーを駆使すれば、その違いがはっきり判別できます。

さらに、マップ機能も進化。以前はセンサーで検知した情報をもとにマップを作成するのみでしたが、最新機種では日々センサーを使って最新情報を収集し、マップを最新バージョンに更新。これにより、効率よく部屋の中を掃除できるようになりました。

このように、情報収集力の向上が、判断力=頭脳の進化に大きく貢献しています。製品によって備えているセンサーが違うので、詳しく説明しましょう。

スウェーデン・エレクトロラックスの「PUREi9」は、カメラと2方向のレーザーを備えた「3Dビジョン」技術を使って床の上にあるコードや障害物を察知し、その先の距離を計算しながら2.2cmまでの段差を乗り越えます。本体の前面にあるカメラは、360度の広い視野で部屋の状況を把握し、3Dでマッピングすることができるため、より効率のいいルートで部屋の中を移動。同じ場所を何度も往復することがありません。

「PUREi9」 (エレクトロラックス)は、床の上にあるコードや障害物を察知。2.2cmまでの段差を乗り越えることもできる。価格も下がり魅力的に。実勢価格6万9800円(税込み)

英ダイソンの「Dyson 360 Heurist」は、赤外線とカメラを備えたモデル。周囲360度を見渡して状況を正確に把握するパノラマレンズを備えるほか、長距離マッピングセンサーや段差を検知する段差センサー、壁に接近して掃除するための壁面近接センサー、障害物をいち早く検知して接触によるダメージを回避する障害物センサーなどを備えています。

「Dyson 360 Heurist」(ダイソン)は、赤外線とパノラマレンズを駆使し、部屋の中の状況を察知しながら上手に回避する。実勢価格10万9381円(税込み)
注目記事
次のページ
すでに持っている人も買い替え検討のタイミング