2019/12/6

そして肝心の内容についてですが、飲食店のエピソードと志望動機がつながっているように聞こえないんです。飲食店でやったことと、志望動機の最後の海外に行きたいって、全然関係ないじゃないですか。ITの深い見識とおっしゃいましたが、アルバイト先の改善策の中でも全然その知見が出てきていない。

お笑いも就職面接も コツは相手の聞きたいコト話す

原体験と志望動機がリンクしているというのは、例えばこんなかんじです。私が面接指導したある芸人さんで、お金を扱う会社の面接を受けた方がいました。親が経営者で、子供の頃はお金に対してはすごく汚いものという印象があった。自分は夢を追いかけてお笑い芸人になりました。しかし結果的には全然稼げなかった。借金を重ねて夢を諦めてしまう同期がいるのも目の当たりにした。だからこそ、自分が改めてお金というものに向き合って、夢を諦めなくてもいい世の中にしたい、だからお金に関わる仕事がしたい、ということを面接で話していました。

就活生B なるほど……どうやったら自分の中でつなげられるかまだ見えてこないのですが、何かコツはありますか。

中北 お笑い芸人って、どうやったら人が笑ってくれるかって、ずっと相手のことを考えるんです。笑わせろとは言いません。相手を「主語」にして考えてみて。企業はどんな人材をほしがってますか? つまりシンプルに、企業が求めている人物像と、この原体験がリンクすればいいんです。

Bさんの志望企業が求めているポイントが仮に、ロジカルであること、タフさ、やり切る力、ITへの関心、だったとします。そこから逆算して、そういう力を感じさせるエピソードを交ぜて作っていくという感じです。現状では、ただの飲食店の話なんですよ。

「ビッグワード」を多用するとリアルさが伝わらない

就活生B このエピソードを使わない方がいいのでしょうか?

中北 面接官がどう捉えるかはわからないけど、今のままだと、飲食店とうちってあまり関係ないよねって、はじかれるリスクはあると思います。例えばBさんの得意分野がITなら、IT研究で培ったこんな視点を使ってバイト先の課題を解決したとか、つなげようと思えばつなげられるやん。

飲食店の話をもっと印象的にしたいなら、数字などファクト(事実)を入れた方がいいです。私なら、「飲食店で離職率を何%下げる施策に成功しました」と結論から話しますね。

言葉遣いについてもう一つ言うと、全体通してあまり具体的じゃなくて、「多角的な知見」「最適解を導く」など、いわゆるビッグワードというものを多用しているのが気になりました。ビッグワードばかりで構成すると、結局何をしたのか、何がしたいのかがリアルに伝わってこなくてもったいないですね。

就活生B 入社後にやりたいことの部分は特にうまく答えられませんでした。

中北 Bさんは5年かけて1人前になると言っているんです。確かにコンサルって5年ぐらいかかるんですよね。ただ、5年間とにかく給料もらいながら学び続けたいですって言われると採用する気にはならない。就職するということは、サービスを受ける側から、提供する側に変わるんです。学ぶというよりは、何か価値を発揮したいということを、貢献したいということを言っていかないといけないですよね。

就活生B 今の段階で貢献できるとは企業側も思っていない気がするのですが、貢献したいって言ってしまって大丈夫なのでしょうか……?

中北 いいと思いますよ。バランスは必要で、5年で社長になりたいですって言われたら、やばいやつ来たなって思うけど(笑)。「知見を広げたい」っていう言葉をなぜ私がそんなにネガティブに捉えているかというと、ちょっと受け身に聞こえてしまう。やっぱり企業からしてみれば、主体的に、自律的に動ける人材がほしいですよね。

(文・構成 安田亜紀代)

中北朋宏
浅井企画に所属し、お笑い芸人として6年間活動。トリオを解散後、人事系コンサルティング会社に入社し、内定者育成から管理職育成まで幅広くソリューション企画提案に携わる。その後、インバウンド系事業のスタートアップにて人事責任者となり、制度設計や採用などを担当。2018年に人材研修コンサルティングなどを手掛ける株式会社 俺を設立し、社長就任。

「ウケる」は最強のビジネススキルである。

著者 : 中北 朋宏
出版 : 日本経済新聞出版社
価格 : 1,650円 (税込み)

学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
注目記事
学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
大学の約束