システム手帳もSNS映え 多彩な色や風合いが人気に今旬ときめきステーショナリー

多彩な色や風合いが人気のシステム手帳
多彩な色や風合いが人気のシステム手帳

手帳の中でも人気が高まっているのがシステム手帳です。もともとシステム手帳は、リフィルの組み替えで中身を自由にカスタマイズでき、手帳と一緒に使えるペンホルダーや下敷きといったアクセサリーが装着可能なため、仕事に役立つツールとして一定の人気がありました。しかし最近では、女性に好まれるデザインや色、風合いが増えてきたことや、リフィルのバリエーションが増えたことでファンが増えています。自分が使っているシステム手帳をSNS(交流サイト)に公開して、コミュニケーションを楽しむ人が増えていることも人気をけん引しています。

薄くて軽く洗練されたデザインの「PLOTTER」

2017年に登場した「PLOTTER(プロッター)」はデザインフィルの新しいブランドで、アイデアや発想を創造するツールとして誕生しました。スケジュール管理だけでなく、アイデアをまとめたりイラストを描いたりと、使う人がフォーマットにとらわれず自由に楽しむことができます。

左からワイン・ブラウン・ブルー

2019年9月に登場したのがイタリアンレザーの「リスシオ」です。「リスシオ」は、イタリア語で「なめらか」という意味を持っており、手になじむ触り心地です。10世紀以上の歴史を持つ「バケッタ製法」と呼ばれる手なめし、手染めで仕上げた高級素材の革です。手間と時間をかけて丁寧にオイルを浸透させているので、使い込むほどに艶が増し、しっとりし深みのある風合いへと変化します。革には個体差があり、一点一点異なった革の表情や色合いを楽しめます。ビジネスシーンで使いやすく、高級感があるシステム手帳を使いたい人におすすめです。

リフィルは「2020年版月間ブロック バイブルサイズ」

「リスシオ」は4つのカラーを用意しています。4つのサイズがありますが、一番人気なのが「バイブルサイズ」です。リフィルの大きさはA5サイズの約半分なのでコンパクトに使えます。「PLOTTER」のリフィルはダイアリー以外にも、方眼やケイ線の種類が多彩なノート、下敷きやペンホルダーといったアクセサリーも充実しています。すべて「使う人の自由度を高める」ことが念頭に置かれたデザインになっており、それぞれに使う楽しみが広がります。

約80枚のリフィルが入る細身のリング

リングの大きさは11mm径で、リフィルが約80枚入ります。細身のリングなのでカバンの中でも、かさばらずにスマートに持ち運んで使えます。レザーバインダーは一枚革でできていて180度にパタンと開きます。いつでも開きやすく書き込みやすいのが特徴です。薄さと軽さにこだわって作られているので移動して使うのにぴったりです。

ピンクゴールドのバックプレート

薄くて軽いレザーバインダーを実現したのが、新開発のバックプレート構造です。背表紙にあしらったオリジナルのバックプレートとリングで直接一枚革を挟み込むというこの構造は、日本の職人技術によって生まれました。「リスシオ」のバックプレートは、ピンクゴールドの「コッパー色」が使われており、上品な仕上げが魅力です。

プロッター「リスシオ 」
サイズ:バイブルサイズ 本体、180×115×15mm
バインダー:6穴リング11mm径
価格:1万5000円(税抜き)