powered by 大人のレストランガイド

缶ワインにブレークの予感 高級品を手ごろに一人飲みエンジョイ・ワイン(20)

米国では缶ワインが大ブームとなっている
米国では缶ワインが大ブームとなっている

缶入りワインがより身近になってきた。新商品の発売が相次いでいるのに加え、価格も味わいも缶入り酎ハイの代わりとなるようなカジュアルなものから、コース料理と合わせたくなるような本格派まで、タイプも多様化。個人の好みやシチュエーションに合わせた様々な楽しみ方が可能となりつつある。缶ワインはワイン消費量世界一の米国で大ブームとなっており、日本でもブレークの予感がし始めた。

高級ワインの品ぞろえが豊富でワイン愛好家に人気のワインショップ「カーヴドリラックス」(東京・港)。そのカーヴドリラックスが10月から、缶ワインの店頭販売を始めた。缶ワインはスーパーやコンビニでは見かけることも多くなったが、ワイン専門店が扱うのは珍しい。販売開始を知らせる同店のメルマガには「缶ワインはじめました~ブームじわじわきてます!」とあった。

現在、同店で扱っているのは、米オレゴン州の「アンダーウッド」、米カリフォルニア州の「ヘッド・ハイ」など3ブランド4種類で、いずれも容量250ミリリットルのアルミ缶入り。価格は1本700~800円台(税別)と、スーパーなどで売られている従来の缶ワインの約2倍だ。

同店プランニングマネージャーの別府岳則さんは「今のところはまだ、試しに買ってみようというお客様が多い」と話すが、一足先に扱い始めた店では好調な売れ行きのようだ。

アンダーウッドの輸入元であるKOBEインターナショナル(神戸市)が同ブランドの缶ワインの輸入を始めたのは5月。最初は需要が読めず輸入量を抑え気味にしたこともあって、赤、白、ロゼの3種類のうち、一時、白と赤の在庫が相次いで底をつき、ロゼも品薄状態になったという。社長の播摩朱美さんは「予想以上に売れている」と、驚きを隠さない。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド