スマホで自宅の鍵開閉が自在 月額360円で工事不要

日経トレンディ

自宅の鍵に後付けするだけで使える
自宅の鍵に後付けするだけで使える

日経トレンディは12月号で「2020年ヒット予測ランキング」をまとめた。注目の商品として16位に選んだのが「ビットキー」だ。スマホ操作で鍵の開閉が操作できる装置だ。

スマートキーが大衆化

今はまだアーリーアダプター(新製品を初期に採用する顧客層)しか使っていない次世代スマートロックが、20年には一気に広まる。けん引するのは、ベンチャー企業のビットキーだ。

ビットキーの最大の特徴は、初期費用無し、月額で360円、年プランなら3600円(いずれも税別)という圧倒的な安さ。一般住宅向けの「ビットロックLITE」は、工事無しで自宅の鍵に設置できる。ローンチから4カ月で10万台の契約を取り付けた。CEOを務める江尻祐樹氏は「20年中には累計100万台の契約を目指す」と言い、スマートロックの利用者が爆発的に増えそうだ。江尻氏は「20年年始には顔認証による鍵の開錠機能も提供予定」とも語り、付加価値がさらに高まる。

一般住宅向けの「ビットロックLITE」

ビットロックが普及すると、さらに次の展開がある。「ビットキーは将来的に、鍵の開け閉めの権利を譲渡するビジネスモデルを目指す。あくまでスマートロックはインフラ。最速で配りまくり、そのうえで様々なサービスを展開してマネタイズする」(江尻氏)。

宅配便にも活用できる

なかでも注目は、物流クライシスを抱える宅配業界だ。再配達過多は世界的な問題になっており、アマゾンは米国で「Key by Amazon」という、配達員が一時的に開錠して荷物を届けるサービスを展開。ビットキーは物流大手セイノーホールディングスの子会社ココネットと提携し、電子上の鍵を使って不在時に配達を行う同様のサービスを試験的に導入した。

民泊向けに
家事代行時などに

家事代行や水道管の修理などの受け入れにも活用できる。鍵を一時的に開けるビジネスは社会的要請が強く、日中に家を空けているディンクスや一人暮らしのユーザーが飛び付きそうだ。

海外では既にAmazonがプライム会員向けにスマートロックサービスを展開。家の中への宅配が可能に
米Amazonのスマートキー

実は20年は、クルマのスマートロック化も進む。19年10月、国土交通省が保安基準を見直し、クルマの鍵をデジタル上で管理することが解禁された。既に海外では導入されている、スマホでクルマの鍵を開け閉めするサービスが使えるようになるのだ。後付けの車用スマートロックが発売される可能性も高い。

「ビットキーは、クルマメーカーとの提携も視野に入れている。家の鍵とクルマの鍵を同じスマホで施錠・開錠できれば、利便性は一気に上がる。レンタルやカーシェアの鍵の受け渡しもスムーズになる」(江尻氏)。

外出時に必ず持ち歩く家の鍵がスマホと合体。キャッシュレスに続いて「キーレス」社会が訪れる。

[日経トレンディ2019年12月号の記事を再構成]

「マーケ・デジタル戦略」が分かるデジタルメディア、日経クロストレンド

「日経クロストレンド」では「P&Gマフィア」「AIを使ったリアル店舗の逆襲」「クルマ・鉄道を変えるモビリティ革命『MaaS』」「中国ネット企業の実情」など、次の時代を予見するマーケティング・デジタル戦略の特集記事を毎月たっぷりお届け。マーケ担当者に加えて、経営者・役員やIT担当者など、幅広い層に読んでいただいています。


MONO TRENDY連載記事一覧