冬こそキレイ色ニット コーディネート全体に清潔感

自分が探しているファッションアイテムについての質問を投稿すると、登録された全国のショップから回答が寄せられるファッションアプリ「FACY(フェイシー)」。提供元のファッション系ベンチャー、スタイラー(東京・渋谷)が、月間100万人を数える利用者からの投稿内容を分析、次のトレンドを読み解く。




メンズ向けの「FACY MAN」の投稿を分析したところ、「ジャケット・アウター」に次いで、投稿件数が多かったのが「ニット・スウェット」だった。

さらに投稿内容を詳しくみると、「ニット・スウェット」カテゴリー内における頻出語は、ニットが多く見られた。

他の頻出語も見てみると、パーカーやスウェットを探しているユーザーも少なくない。コットン素材のスウェットは、取り扱いに気を遣う必要もなく、なじみ深いアイテムだからだろう。そんな中、ニットを選ぶべき理由はなんだろうか。

今回は、ニット自体の魅力にも触れつつ、FACYに登録する各店が薦めるニットを紹介していく。

お薦めは明るい色のシェットランドセーター

「うちでは、これまでスウェット派だったお客様が、徐々にニットに移行していく傾向がある」と語ってくれたのは、三重・伊勢市のSUNSPIRIT (サンスピリット)の店長、野村功氏。Harley of Scotland(ハーレーオブスコットランド)のシェットランドウールを使ったニットを挙げてくれた。

「お客様の年齢で言えば、30歳が一つの目安でしょうか。オフの服装においても、社会人としての見え方を気にする方が多い。清潔感を意識するというか。ちょっとした集まりの際も、スウェットではカジュアル過ぎるという感覚があるようです」

同店が取り扱う色のセレクトはユニークだ。そろえるのはレッド、パープル、ホワイトの三色。暗い色のアウターを選ぶことが多い秋冬だからこそ、コーディネートのポイントになる色がお薦めだそう。

SUITS OF THE YEAR 2019
男と女 ときめくギフト
Watch Special 2019