2020年食品・飲料ヒット予測 ブレイク寸前の12商品

日経トレンディ

日経トレンディ

2020年、食品・飲料分野でどんな商品がヒットしそうなのか。日経トレンディ編集部が12商品・サービスを選び、3つ星で評価した。「モバイルオーダー」「ポストレモンサワー」が新キーワードとして登場しそうだ。

[★★☆]抹茶ハイ

宝酒造の「極上抹茶ハイ」

インバウンドの抹茶人気を背景に、抹茶を使った酒もブレイク間近。宝酒造は19年6月から抹茶アルコール飲料を発売し、9月には「極上抹茶ハイ」を投入。同社は19年10月に「抹茶ハイフェスティバル」を協賛。ポストレモンサワーとして新市場創成を目指す。

[★☆☆]駄菓子専用日本酒

日本酒「お菓子の居酒屋シリーズ」

駄菓子に合わせて飲むことを前提とした日本酒「お菓子の居酒屋シリーズ」。19年9月には「都こんぶ」、「歌舞伎揚」などに加え、何と「チロルチョコ」まで登場した。「駄菓子はインバウンド需要が高い。さらに日本酒と合わせることで、より注目度が増すだろう」(三菱食品)

[★★☆]台湾フルーツティー

一芳台湾水果茶のフルーツティー

従来のフルーツフレーバーのフルーツティーとは違い、台湾式のお茶にそのまま果物を入れるのが特徴。大手グルメサイト「ぐるなび」では、このフルーツティーの検索数が昨年から11.1倍に増加。「一芳台湾水果茶」はすでに東京に5店舗、関西に1店舗を構える。台湾ブームに乗り、ますます拡大しそうだ。

[★★☆]熟成魚シート

産官学連携による新製造技術「エイジングシート」
エイジングシートによる熟成を25日間行ったマグロ断面。鮮度が保たれている

うまみが増すといってじわじわはやりつつある「熟成魚」を、短期間でかつ安定的に作り出す日本発のフードテックが注目されている。明治大学と川崎北部市場水産仲卸協同組合の産官学連携による新製造技術「エイジングシート」を活用し、熟成魚のブランド化が展開されている。

[★☆☆]即食キヌア飯

「DNABIO ヘルスコンシャスカップ キヌアスープ&ポモドリーニスープ」(写真:小西範和)

伊藤忠食品は植物性食品のトレンドが来ると予測。19年10月発売の「DNABIO ヘルスコンシャスカップ キヌアスープ&ポモドリーニスープ」は、乾燥させた野菜とキヌアが入った即席スープで、キヌアがメイン食材のため腹持ちするのも魅力。機能性も加わった植物性食品が市民権を得そうだ。

[★☆☆]液体急速冷凍食品

伊藤忠食品は商品の安定供給を目指すという

冷凍機を扱うテクニカンは零下まで冷やしたアルコール液で食品を凍結させる「凍眠」という機器を開発。この技術で冷凍食品を作ると、解凍後も風味があまり変わらなくなるという。流通大手の伊藤忠食品は業務提携契約を締結し、商品の安定供給を目指す。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
MONO TRENDY連載記事一覧