辞めた会社にカムバック 元社員の再雇用が広がる理由人生100年時代のキャリアとワークスタイル

2019/11/29

離れた元社員が再び活躍

就業観が多様化する中で、スキルアップや収入アップなどを目的に、副業・兼業を希望する人たちは年々増えています。かつては副業も禁止とする企業が多かった中、世の中の流れは副業解禁へと向かっています。

企業が推進するのは、異なる環境でスキルアップや経験を積みたい社員のニーズを踏まえて、キャリア形成支援の一環として捉えているからです。また、外部でのキャリア経験が、社内でイノベーションをもたらすきっかけとなるかもしれません。

それと同じように、一度会社を離れた元社員が、ジョブリターンによって、その間に他社で培った知識やスキル、キャリア経験などを生かして、再び活躍してもらうことができれば、副業以上にリターンは大きいと言えるかもしれません。

そのため、育児・介護といった限定的な理由だけではなく、むしろ積極的に自分のキャリア形成の手段として退職を選んだ元社員まで間口を広げるようになったといえます。

副業・兼業が禁止されている会社の規定に抵触するとして、いったんは会社を退職しても、何年か後に会社が副業・兼業の解禁に制度を転換したことで、再び古巣の会社にジョブリターン制度でカムバックし、元の職場で活躍するといった事例は、珍しいものではなくなっていくでしょう。

雇用の流動化が加速し、一方で人手不足という現実の中で、人材獲得競争はこれからも続きます。雇用のミスマッチを防ぐという意味では、リファラル(紹介)採用も注目されていますが、元社員という人材に目を付けたジョブリターン制度も広がっていくのではないでしょうか。

佐佐木由美子
人事労務コンサルタント・社会保険労務士。中央大学大学院戦略経営研究科修了(MBA)。米国企業日本法人を退職後、社会保険労務士事務所などに勤務。2005年3月、グレース・パートナーズ社労士事務所を開設し、現在に至る。女性の雇用問題に力を注ぎ、働く女性のための情報共有サロン「サロン・ド・グレース」を主宰。著書に「採用と雇用するときの労務管理と社会保険の手続きがまるごとわかる本」をはじめ、新聞・雑誌などで活躍。
注目記事