派手め腕時計×ドレスアップ パーティーは袖口で遊ぶ装う時計 型破りの流儀(2)

MEN’S EX

2020/1/10
ファッションのルールを知った上で、うまく着崩せる人こそ洒落者といえる。クラシックなスーツの中にあえてデニムシャツを着てタイドアップなど。時計も、同じ。スーツ×ドレスウォッチ、カジュアルウェア×スポーツウォッチ。そんな“型”を破って手元で上手にハズせるようになると、着こなしがもっと自分らしくなる。

華やかなパーティシーンこそ、袖口で遊ぶべき。色やデザインで素材を主張する派手めな時計が、ドレスアップした着こなしを個性豊かにしてくれる。

■ドレスアップした装いを袖口でドレスダウン

パイピングが効いたピークトラペルの3ピースに渋めのオレンジのシャツを合わせ、ボウタイを締める。ジャケットはくるみの1ボタンで、ボトムは則章入りでタキシード風。ブラックタイのドレスコードにはそぐわないが、カクテルやセミフォーマルならこれくらい遊んだドレスアップも悪くはない。街が華やぐ今の季節なら、なおさら。袖口も存在感が強い時計で個性豊かに着崩すのが、正解である。

近年、時計界には多様な新素材が登場し、それらを自在に組み合わせる技術が確立されている。例えばウブロは、レイヤード構造で立体的な「ビッグ・バン」のケースを鮮やかなブルーのセラミックで仕立ててみせた。ダイヤルはフルオープンで、クロノグラフの精緻なメカニズムを覗かせ、自己主張は一層激しい。まさに遊びが効いたドレスアップを、手元で華やかにドレスダウンするのに最適。

オープンダイヤルのモデルは、他社にも数多く、ソリッドなダイヤルであっても仕上げや色で個性を演出してもいる。ドレスアップを着崩すアイテムに、派手めな時計は実に効果的だ。

【 「型破りの流儀」具体策 】

■華やかなシーンゆえの色とデザインでの遊びを楽しむ

ジャケット6万4000円、ジレ2万2000円、パンツ2万4000円/以上トゥモローランド ピルグリム、 タイ2万2000円/ジュープ バイ ジャッキー(以上トゥモローランド) シャツ4万1000円/バグッタ(トレメッツォ) チーフ〈スタイリスト私物〉

■HUBLOT/ウブロ ビッグ・バン ウニコ ブルーマジック

鮮烈なブルーの外観を、わずかに差したブラックが引き締める。フルオープンのダイヤルに見せるクロノグラフ機構が奥行き感を高め、装いを一層個性豊かにする。限定500本。自動巻き。径45mm。セラミックケース。ラバーストラップ。 222万円(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ウブロ)

【 「迫力派手時計」の基本コーデはこちら 】

ベーシックカジュアルの手元に色でアクセントを

色やデザインで自己主張する派手めな時計は、シンプルなカジュアルに合わせるのが、お約束。ゆったりとしたオフホワイトのタートルネックセーターにボトムはデニム、足元はローファー。こうした極めてベーシックなアイテムによるコーディネートに、派手めな時計がアクセントになる。

ニット3万1000円/スローン(スローン) パンツ3万4000円/PT05(PT JAPAN) 靴3万9000円/イル モカシーノ(バインド ピーアール)

Watch Special 2020

日経電子版 NIKKEI STYLE Men's Fashion 「Watch Special 2020」では、注目の腕時計新作、最新トレンド、インタビュー、ビジネスパーソンのための腕時計基礎講座など、多彩なコンテンツを提供しています。

>> Watch Special 2020はこちら

夏の装い直前講座
Watch Special 2020
Fashion Flash