「多通貨カード」で海外払い マイル獲得や手数料節約

NIKKEIプラス1

外貨預金を使い、複数の国の現地通貨で支払えるカードが増えている
外貨預金を使い、複数の国の現地通貨で支払えるカードが増えている

海外での支払い手段に「多通貨カード」を利用する人が増えている。外貨預金を活用して10種類以上の通貨で支払える。両替の手数料を抑えられるうえ、利用額などに応じて航空会社のマイルを付与されたりキャッシュバックを受けられたりする。

10種類以上の通貨を取り扱い

「1週間のハワイ旅行の間、ホテルでチップを払う以外は紙幣や硬貨を使わなかった」。東京都の30代の男性会社員がハワイ旅行で決済に利用したのはSMBC信託銀行が10月に発行を始めた多通貨カード「GLOBAL PASS」(グローバルパス)だ。

グローバルパスは買い物などの支払時に、代金を預金口座から即時に引き落とすデビットカード。通常のデビットカードとの違いは外貨普通預金口座から引き落とす点だ。

外貨預金を海外での支払いに使えるデビットカードやプリペイドカードが増えている。最近は1枚で10種類以上の通貨を取り扱える「多通貨カード」が多い。

外貨預金を活用する大きな利点は両替にかかる為替手数料を抑えられることだ。ソニー銀行の試算によると、国内の両替所などでは米ドルを交換すると1ドル当たり3円、クレジットカードで支払うと2.2%分の手数料がかかる。一方、外貨預金は円から外貨に交換済みなので新たに手数料は発生しない。

低い為替手数料、普及を後押し

外貨預金は通常、運用目的にする人が多いが、こうした人たちが例えば年に1回だけ海外旅行をする際にも役立つ。さらに、多通貨カードの「原資」となる外貨預金にかかる手数料が、ネット銀を中心に低く抑えられていることも、普及を後押ししている。