鍋物・グラタン… アボカド、温かい料理にも好相性

ダイコンおろしの辛みとアボカドの甘みが調和する「アボカド塩レモン鍋」(東京・神田神保町のアボカフェ)
ダイコンおろしの辛みとアボカドの甘みが調和する「アボカド塩レモン鍋」(東京・神田神保町のアボカフェ)

「森のバター」ともいわれるアボカド。ねっとりとした食感とほんのりした甘みが特徴で、サラダだけでなく、ワサビ醤油(じょうゆ)の「刺し身」、マグロと一緒にご飯にのせたハワイ流海鮮丼などが知られるが、投稿サイトなどで新たなレシピが広がり、料理も多彩になっている。「アボカド鍋」もあるらしい。どんな食べ方があるのだろう。寒さが身にしみる冬も近づいてきた。温かなアボカド料理を探しにいった。

手掛かりを求めて、日本アボカド生産者協会(東京・文京)に問い合わせてみた。国産アボカドの栽培普及をめざす団体とあって様々な情報が集まっていそうだ。事務局の太田真二さんがアボカド料理の専門店がいくつもあることやアボカド料理研究家の存在などを教えてくれた。

早速、専門店をネット検索すると、複数の店がヒットするではないか。東京都千代田区の「アボカフェ」が「日本初のアボカド専門店」をうたっている。冬にぴったりの温かい料理を取材したいと伝えると、代表の宮城尚史さんが「鍋」「はさみ揚げ」などを挙げてくれた。アボカドの鍋とは初耳だ。量は1.5人前とのこと。他の料理も取材したかったので、食欲旺盛そうな20代の後輩記者らを誘ったが「すみません。別の取材がありまして」と2人ともつれない返事。そこで昼食を抜き、できるだけお腹(なか)をすかせて1人店に向かった。

店は、日本を代表する古書店街、神田神保町にあった。隠れたグルメの街でもある。書店が立ち並ぶ大通りから路地に入ると、小さなビルの入り口にアボカドの形をした看板が見つかった。メニューには前菜からデザート、ドリンクまで多種多様なアボカド料理が並ぶ。

アボカドのとろみとレンコンの歯触りが特徴のはさみ揚げ

席に着いてしばらくすると、鉄鍋に入った「アボカド塩レモン鍋」が運ばれてきた。たっぷりのスープにスライスしたアボカドと輪切りレモンにダイコンおろしがのっている。レンゲで下の方をすくってみると、豆腐やネギ、ハクサイ、エノキがいっぱいだ。アボカドもたくさん入っている。「鍋にはアボカド2分の1個分を入れています。レモンとの相性がいいんですよ」と宮城さん。ダイコンおろしの辛みとアボカドの甘さの組み合わせが絶妙でおいしい。みぞれ鍋風のさっぱりした味わいだ。アボカドは冷やして食べるものというイメージしかなかったが、鍋もいける。1.5人前を完食した。「はさみ揚げ」も後日改めて取材させてもらった。レンコンのシャキシャキ感とアボカドのトロリとしたクリーミーな食感の調和を楽しませてもらった。ちなみに「アボカド塩レモン鍋」は1485円、「はさみ揚げ」は935円だ。

アボカフェは、宮城さんが妻の香珠子さんと「健康に良くいろんな料理に使えるアボカドの魅力を伝えたい」と2007年に開いた。昼時や夜は若い人から年配の人まで様々な客で混み合うという。

アンチョビとアボカドを混ぜて食べる。芋焼酎との相性もいいという

東京以外にもアボカド料理店はある。鹿児島市の「アボカドキッチン アリンコ」。オーナー福島崇史さんの冬場のおすすめは「アボカドのアンチョビ焼き」(570円)。アボカドを半分に切って大きな種を取り除いたあとに残るくぼみに、アンチョビ(カタクチイワシ)とオリーブオイルを入れ、コショウを振りかけてオーブンで焼いた料理だ。果肉をアンチョビと混ぜると、甘さとしょっぱさが絡み合う。「鹿児島に多い芋焼酎にも合いますよ。ディップ(クリーム状ソース)などと違い、アボカドらしさが残る見た目も人気です」(福島さん)。酒のつまみにもなるメニューはほかにもありアボカド料理を注文する男性客も多いという。