トレンド柄を生かして、動きと華やぎを演出

トップスをきっちりウエストインすれば、脚長イメージを強調できます

「コート=無地・地味色」という思い込みを捨てれば、コートルックはもっと軽やかに着こなせます。トレンドの勢いが続くチェック柄やレオパード柄を取り入れると、ワンピース風の着映えにスイッチ。オフの日にも着回しやすくなります。

マルチカラーのチェック柄は、格子のサイズが大きめなので、ゆったりした風情を帯びました。かしこまって見えにくい分、デイリーの装いにも向いています。チェック柄には英国紳士ライクな正統派ムードもあるおかげで、柄入りでも「きちんと感」が保てます。

色を響き合わせると、装いにリズムが加わります。コート裏地とトップスのブラウン、チェック柄とハイヒールの赤が調和して、動きと統一感が生まれました。全体で3色以内に抑えるのが、品格を損なわずに華やぎをまとうコツです。

動きに応じて見え隠れするレオパード柄が視線を呼び込みます

裾の広がったポンチョ系コートは、腰から下がスレンダーに映る点で、着ぶくれを避けやすいアウターです。裾が揺れやすいから、裏地で遊べるのも、ポンチョ形のいいところ。意外感の高いフォルムは、ありきたりのイメージから抜け出させてくれます。

裏地にレオパード柄を配したおかげで、程よくスパイスの効いた見え具合に整いました。襟や袖にもレオパード柄がのぞいて、グラマラス感がアップ。無愛想に見えがちなコートルックに、ポジティブな気分を忍び込ませています。

ポンチョの裾広がりを際立たせるには、細身のパンツが役に立ちます。トップスもボディーにぴったりフィットする黒無地を選べば、コートのボリュームがさらに強調されて、逆に着痩せ効果を発揮。シャープさを引き出せます。

注目の「英国調スタイル」をコートで取り入れて

「マッキントッシュ ロンドン」は英国を代表するアウターウエアの「マッキントッシュ」から誕生したブランドです。防水性の高いゴム引きコートや、トレンチコート、ダッフルコートなど、英国の伝統的なアウターで知られる「マッキントッシュ」のテイストを受け継ぎ、英国のトラッドテイストに基づいたトータルコレクションを提案しています。

秋冬ルックの主役はやはりコート。一番外側に着るので、どうしても視線を集めます。ただ、同じコートを繰り返し着る頻度も高くなりやすいだけに、着方を工夫しないと、ワンパターンになりがち。今回、取り上げたスタイリングは、自分流のレパートリーを広げるのに役立ちそうです。

(画像協力)
マッキントッシュ ロンドン
https://www.mackintosh-london.com/
宮田理江
ファッションジャーナリスト、ファッションディレクター。多彩なメディアでランウェイリポートからトレンド情報、スタイリング指南などを発信。バイヤー、プレスなど業界経験を生かした、「買う側・着る側の気持ち」に目配りした解説が好評。自らのテレビ通販ブランドもプロデュース。セミナーやイベント出演も多い。 著書に「おしゃれの近道」「もっとおしゃれの近道」(ともに、学研パブリッシング)がある。