小物使いとディテールで視線を散らす

ニット帽はリラックスした気分を漂わせてくれます

コートルックがかさばって映りがちな理由は、コートの印象が強すぎるから。つまり、別のアイテムで視線を散らせば、全体のバランスが整います。たとえば、帽子やベルトといった、上や前に張り出すポジションの小物類は視線を引き込む効果が期待できます。

グレーのコートの上から巻いたのは、キャメル色のベルト。同じ色・素材の共布でベルトも用意するのがコートの通例ですが、あえて色も素材も異なるベルトをオン。腰の位置をはっきり示す「ウエストマーク」は、コート姿にめりはりをもたらします。

アウターの前を少し開けて服をのぞかせると、軽やかな見え具合に。コートの上からリボンのようにベルトを巻いて、余った端を垂らすと、縦落ち感が出ます。透ける素材のワンピースを裾からのぞかせれば、コートルックがさらに軽やかに映る仕掛けです。

帽子と靴をダークカラーでそろえると、引き締まった印象に

帽子を使うと、シルエットが縦に長くなり、すっきりした着映えに仕上がります。秋冬はシックなつば広帽子で、さらに視線を引き上げて。顔が小さく見える効果もうれしいおまけです。

パーツのボタンも、コートルックに表情を加えるディテールになります。ダッフルコートのトグルボタンが、メンズライクな風情を呼び込みました。前を開けて、ボタンを遊ばせるのも、アクセサリーのように見せる小技です。

短めのクロップド丈パンツは、足首がきれいにのぞくから、ほっそりしたレッグラインを引き立てます。ハイヒールとのコンビネーションで、さらに縦長イメージを増幅するのも、コートルックをシャープに見せるスタイリングです。

次のページ
トレンド柄を生かして、動きと華やぎを演出