柄・色の工夫で着ぶくれしない 冬コートの最新コーデ宮田理江のおしゃれレッスン

コートで着ぶくれしないように見せるには柄や色の工夫がポイント
コートで着ぶくれしないように見せるには柄や色の工夫がポイント

いよいよコートが恋しくなる季節を迎えます。英国調や縦長シルエットなどの世界的トレンドを取り入れてバージョンアップするのが今季らしい着こなし。コーディネートのポイントは、「着ぶくれしない」「のっぺりさせない」「平凡に見せない」の「3ない」。コートで人気の高いブランド「MACKINTOSH LONDON(マッキントッシュ ロンドン)」の秋冬ルックから、賢いアレンジを押さえていきましょう。

同系色でまとめて、落ち着いた着映えに

コートの着丈をワンピースより短くすると、縦長イメージが強まります

コート姿が退屈に見えがちなのは、カラートーンが単調な場合です。色味を少しずらしたり、無地と柄をミックスしたりすれば、動きが出ます。

黒やグレーを主体に、色数を抑えると、上品なムードにまとまり、お仕事コーデにも取り入れやすくなります。柄物ワンピースの上から、無地のコートを重ねる組み合わせは、全体を静かに落ち着かせます。

フラワープリントのワンピースの上に、落ち着いたグレーのコートを羽織れば、ワンピースとコートの異素材が際立ち、軽やかな着映えに。すっきりとしたシルエットのステンカラーコートが知的な雰囲気まで醸し出してくれます。

ふわふわの生地はコートルックに見た目のぬくもりをプラス

キャメルやブラウンなど、色味が割と近い色を組み合わせる「トーン・オン・トーン」のコーデは、全体を穏やかにまとめる効果があります。ソフトな風合いのボア生地をコートに生かして、やさしげなムードに整えました。

全体で最も濃い色を、ニットトップスにあしらうことによって、上半身をほっそり見せられます。マイクロポリエステル糸のおかげで、コートは軽くなりました。ぬくもりと軽さが両立する新素材仕立てのコートは着ぶくれを遠ざける効果が大です。

冬ルックの工夫ポイントにバッグと靴があります。どちらもコートに隠れてしまわないから、絶好のアクセントに。バッグは同系色で統一感をアップ。一方の靴はレオパード(ヒョウ)柄で、動感を添えました。逆にバッグで差し色効果を発揮するスタイリングも試せます。