新型AirPods旧型と比べた より小さくノイズに強く

アップルのアクティブノイズキャンセリング機能を搭載した完全ワイヤレスイヤホン「AirPods Pro」(写真左)。旧型から何が変わったのか
アップルのアクティブノイズキャンセリング機能を搭載した完全ワイヤレスイヤホン「AirPods Pro」(写真左)。旧型から何が変わったのか

AirPodsは2016年にアップルが初めて発売した完全ワイヤレスイヤホン。左右の本体をつなぐケーブルもないため軽快な装着感が得られるだけでなく、iPhoneとのペアリングが簡単にできることなど使い勝手の良さからも高い人気を誇っている。そのAirPodsに新機能を追加した「AirPods Pro」が10月30日に発売された。新型の使い勝手は旧型とどう変わったのか。オーディオライターの山本敦氏が解説する。

2019年10月30日に発売されたAirPods Pro。直販価格は税別2万7800円

◇  ◇  ◇

新型AirPodsと従来型を比べて、すぐわかる違いはその構造だ。

従来のAirPodsは耳の穴を完全には塞がない半密閉型の構造だったため、外の音が聞こえやすい形状である。一方、AirPods Proは密閉型構造(カナル型)としたことから外部への音漏れに強くなった。

さらに音楽再生の邪魔になるノイズを消してくれる「アクティブノイズキャンセリング機能」を追加したことも大きな特徴だ。

AirPods本体のサイズを比較してみると、右側の従来のAirPodsよりも「ステム」と呼ばれる軸の部分が短くコンパクトになっていることがわかる。もはや「うどん」と揶揄することが不自然なぐらいだ
左側のAirPods Proはノズルにイヤーチップを装着して遮音性を高め、装着感をさらに安定させている

心地よく使えるノイズキャンセリング

AirPods Proが搭載するアクティブノイズキャンセリング(以下:ANC)とは、イヤホン本体に内蔵するマイクと電気回路を使って、リスニング環境周囲の騒音=ノイズを打ち消す機能だ。マイクで継続的に拾っている環境音を再生音とミックスして、ノイズだけに逆相の音を加えて消す。このときにノイズだけを高精度にえり分けて聞こえなくする演算処理のアルゴリズムをいかに作り込めるかが、オーディオメーカー各社にとって腕の見せところということになる。

MONO TRENDY連載記事一覧