ぬくもりに癒やされる たき火を楽しむアイテム7選

たき火の人気が高まっている。楽天は2019年のヒット番付の小結に、「たき火台」など、くつろぎを得るための「チル消費」を選んでいる。YouTubeでもたき火を見るだけの動画が人気で再生回数100万回を超える動画もある。秋から冬はたき火にいい季節。今回は、たき火をより楽しむためのアイテムを紹介したい。なお、たき火は禁止されている公園やキャンプ場もあるので、必ず確認してから行おう。

着火しやすく拡張性も十分な新世代たき火台

ベースにウイングLを取り付けたところ
SOTO 
エアスタ 
エアスタ ベース ST-940(税別1万2000円) 
エアスタ ウイングM ST-940WM(税別4800円) 
エアスタ ウイングL ST-940WL(税別6800円) 
エアスタ スタンド ST-940S(税別6000円) 
エアスタ 焼き網 ST-940N(税別2000円) 
http://www.shinfuji.co.jp/soto/products/st-940/ 

キャンプ用のガスコンロなどガス器具のイメージが強いSOTOが取り扱うたき火台システムが「エアスタ」シリーズだ。上昇気流を生み出し空気を取り入れ火力を安定させる「ベース」と、人数に応じた火勢を得られる大きさの異なる「ウイング」から構成されている。

たき火で難しいステップの一つが火おこしだが、エアスタではベースの燃焼部に着火用の小枝などを入れ、下から火を付けることで種火を容易におこせる。種火にまきをくべて炎が安定するのを見届ければ、あとは様子を見ながらまきを足すだけという手軽さだ。

焼き網や鉄板などを載せる「スタンド」、専用の「焼き網」や「グリル」、炭火を使うときの「ロストル」などオプションが豊富なのもうれしいポイント。料理のバリエーションにも幅が広がるだろう。

元祖たき火のためのタープ

テンマクデザイン 
ムササビウイング13ft. TC“焚き火”version(税別1万6800円) 
https://www.tent-mark.com/musasabi-wing/takibi_ver.php

キャンプはもちろん、日帰りのたき火遊びなどではタープがあると便利だ。しかしナイロン製のテントやタープは火の粉や熱で溶けたり燃えたりしてしまう恐れがあるので、近くでたき火はできない。

テンマクデザインの「ムササビウイング13ft. TC“焚き火”version」は、かつてのベストセラータープをポリエステル混紡コットン(TC)製で復刻したたき火向けタープだ。防炎加工ではないので幕下でのたき火はできないが、舞い上がる火の粉などによる穴あきは軽減される。

また、ナイロン製だとシームテープ(縫い目の防水処理)や、コーティングの劣化による寿命が訪れるが、TC製では何十年も使えるほどの耐久性がある。生地の風合いもたき火シーンによく似合う。

MONO TRENDY連載記事一覧