AirPods Pro大ヒットの理由 ソニーとどちらがいい?西田宗千佳のデジタル未来図

AirPods Pro。価格は税抜き2万7800円。アップルブランドとしては初めての、ノイズキャンセル機能を搭載したイヤホンだ
AirPods Pro。価格は税抜き2万7800円。アップルブランドとしては初めての、ノイズキャンセル機能を搭載したイヤホンだ

アップルの新ヘッドホン「AirPods Pro」が売れている。2019年10月30日の発売日には、都内のアップルストアに行列ができたほど、ファンの注目度は高かった。本記事を執筆している11月中旬時点では、日本だけでなく世界中で需要が集中しており、アップル直販の場合、注文から到着まで2~3週間かかる状況だ。

発売直後から評判のAirPods Proはどこがいいのか? なぜこんなに人気なのだろうか? ライバル製品と比較しながら考えてみよう。

AirPodsに足りなかったものは

ご存じの通り「AirPods」はアップルの完全ワイヤレス型イヤホンだ。2016年末に発売され、日本を含む世界中でヒットした。左右の耳の間をつなぐケーブルのない「完全ワイヤレス型イヤホン」は2015年ころから製品が登場していたものの、AirPodsはマス市場に出た製品として、ほぼ最初期のものである。

最初期のものであるにもかかわらず、AirPodsは非常に高い完成度を持ち、今も現役の製品として販売されている。AirPodsは軽くて小さく、Bluetoothでの接続性も良好で、価格もこの種の製品としては高すぎない、1万7000円台からとなっていた。耳からマイク部が突き出たデザインには賛否があったものの、普及して見慣れてくると、そのことを気にする人も減ってきた。アップルは「AirPodsは世界でもっとも売れているヘッドホン」とコメントしており、それは事実であるようだ。同社は傘下に、ワイヤレスヘッドホンで大きなシェアを持つBeats Electronicsももっており、トータルでは、いまや世界一のヘッドホンメーカーといっても過言ではない。

ベストセラーであるAirPodsだが、満足していない人々も多くいる。

不満点は2つに集中している。ひとつめは「落ちやすく感じること」。耳に押し込むような構造ではないため、耳の形によっては、姿勢が変わった時に外れて、落ちることがある。小さなものなのでなくすのが不安……という声も多い。もうひとつは「音漏れ」。音を大きくすると(スマホの音量を最大に近づけた場合)音が外に漏れてしまう。特に日本人は後者に敏感だ。

実のところ、この不満は同じ理由に基づく。AirPodsは耳の穴をふさぐような構造になっていないからだ。そうなっていない理由は、周囲の音を完全に消してしまわないように、ということのようだ。音漏れしないイヤホンは耳栓のような構造になっていて周りの音も聞こえにくくなるので、安全性には難点がある。

日本の場合、特に都市部では通勤通学で電車やバスに乗っているときにイヤホンで音楽を聴く人が多い。電車・バスのノイズを消してリラックスしたい、というニーズも同様に多い。アップルのAirPodsや、iPhoneに標準添付しているEarPodsを使っている人の場合、音量を上げてノイズをわからなくすることが多い。結果として、外部に「音漏れ」しながら曲を聴く人が増え、それがまた新たな騒音源になっている。

「電車内で静かなヘッドホン」を求める日本人にマッチ

こうした問題に対処するにはどうしたらいいのか? 答えは「遮音性が高いヘッドホンを選ぶ」だ。ヘッドバンド型が人気の海外に比べ、日本はイヤホン型の人気が強く、特に遮音性を高めるために、耳の中に押し込む形状をしている「カナル式」イヤホンの人気が高い。

またハイエンドでは、単に遮音するだけでなく、ノイズと逆位相の音をぶつけることで、ノイズを聴感上感じにくくする「ノイズキャンセルヘッドホン」も人気である。

この両者を兼ね備えつつ、完全ワイヤレス型イヤホンとして2019年7月に登場したのが、ソニーの「WF-1000XM3」だ。こちらも人気が高く、発売から2カ月ほど品薄な状態が続いていた。

そこに登場したのが、アップルのAirPods Proだ。AirPods Proは完全なカナル型ではないが、耳の穴に入る部分にシリコンのチップを使うことで遮音性を高め、さらにノイズキャンセル機能を搭載して、AirPodsの「耳からの落ちやすさ」「遮音性・静粛性」という問題を解決してきた。日本でヒットしないはずがない、という組み合わせである。

MONO TRENDY連載記事一覧