神殿・トンネル・鉱山 探検が楽しい地下空間10選

そこに、どんな世界が広がっているのか。地下空間に潜るときは、探検気分が味わえる。学べ、触れられる魅惑のスポットを、専門家が選んだ。

■1位 首都圏外郭放水路(埼玉県春日部市) 730ポイント
水害防止に一役「地下神殿」

首都圏の治水対策の一つとして設けられた地底50メートルを貫く6キロメートルの地下放水路。大雨で中小の川が洪水になりそうなとき、水を江戸川へ流し被害を軽減する役割がある。雨水は深さ70メートルの5本の円筒形の立て坑をつなぐ地下トンネルを通り、調圧水槽で勢いを弱めて放水される。水槽は高さ18メートル、重さ500トンの59本の柱が天井を支える姿から「地下神殿」と呼ばれる。

10月の台風19号で浸水被害を大幅に軽減した。「首都圏を守るにはこれほど巨大な防災施設が必要と認識させられる」(竹内秀一さん)。「スケール感や見栄えだけでなく生活を守る施設の意義を知り、日本の土木技術の粋や土木の価値を知るきっかけになる」(河野まゆ子さん)

調圧水槽のほか、立て坑の体験、江戸川へ水を排出するポンプ室の見学など「3コースから選べるのが魅力」(前畑温子さん)。

(1)大人料金 地下神殿コース 1000円など(2)問い合わせ先 https://www.gaikaku.jp(首都圏外郭放水路見学会受付)

■2位 大谷石地下採掘場跡(宇都宮市) 680ポイント
地底湖クルーズ満喫

大谷資料館の階段を下りて行くと、広さ2万平方メートル、深さ30メートルに及ぶ地下空間が広がる。大谷石は大谷町付近一帯から採掘された軽くて加工しやすい石で旧帝国ホテルで使われたことで有名。「約70年にわたる採掘でできた地下空間の巨大さは圧巻。人間の営みのすごさが感じられる」(竹内さん)

天井の高さの違いや階段の段差で神殿のようにも見える。「大谷石の岩肌とそこに反射する光が幻想的」(小泉隆さん)。コンサートや映画スタジオとしても利用されている。資料館では江戸時代からの石の採掘法や輸送法の変遷も紹介する。

大谷石は大谷町付近一帯から採掘され、採掘場は地下でつながる。「地底部分を結ぶ『大谷アンダーグラウンド』ツアーで地底湖クルーズも楽しめる」(河野さん)。天井の低い場所は身をかがめるなどしてボートで進むクルーズは基本コースで8500円。申し込みは地元の旅行会社、えにしトラベル(要予約)。

(1)大谷資料館 800円(2)電話028・652・1232

■3位 青函トンネル(青森県今別町・北海道知内町) 490ポイント
ケーブルカーで坑道へ

本州と北海道を結ぶ世界最長の海底トンネルで2018年、開業30周年を迎えた。「世紀の大事業」の全貌を紹介する青函トンネル記念館は本州側の青森県と北海道の2カ所にある。青森県外ケ浜町にある記念館では青函トンネルの作業坑道へ行く体験ができる。海面下140メートルへケーブルカー(乗車券1000円)で約8分。一角には実際に作業で使われた機械が展示され、過酷な作業環境を追体験も。「映画『海峡』の舞台となり、土木技術者・トンネル技術者のロマンを感じさせる」(木谷努さん)

事業の構想から完成までを立体模型や音・映像などで紹介するほか、少し離れた場所には慰霊碑がある。「北海道に新幹線の希望をもたらすと同時に多くのドラマがあったことを知ってほしい」(清木隆文さん)。

北海道福島町にある記念館では工事記録やトンネル工事で岩盤を切り刻んだ機械などを展示する。

(1)青森県側の記念館は冬季休館中で2020年4月18日から開館。北海道側の記念館は19年12月1日~20年3月16日まで休館。 両館とも400円(2)青森側電話0174・38・2301 北海道側 電話0139・47・3020

■4位 スーパーカミオカンデ(岐阜県飛騨市) 480ポイント
見学年2回、レアチケット

世界有数の素粒子物理学の研究施設。その観測データから多くのノーベル物理学賞が生まれた。鉱山跡の地下1000メートルにある観測装置は5万トンの純水をたたえ、宇宙から降り注ぐ素粒子を検出する。「未開の地下と宇宙を結ぶという意味で人類のロマンを感じる」(木谷さん)

見学会は毎年夏と秋に2回。普段は入れない鉱山の坑内や機器が並んだ地下研究施設を見られるほか、素粒子ニュートリノについての展示がある。「抽選倍率も高いレアチケット。行きたくてたまらない」(河野さん)

(1)2日に実施した見学会は3500円(2)飛騨市役所HPで定期的に見学者募集 https://www.city.hida.gifu.jp/soshiki/47/

五感を豊かにする旅紀行を読む