ワインもダンスも読書の供 武蔵野プレイスの心地よさ武蔵野プレイス

武蔵野市立図書館の貸し出しランキング4位は幼児向けの絵本だ(武蔵野プレイス)
武蔵野市立図書館の貸し出しランキング4位は幼児向けの絵本だ(武蔵野プレイス)

たくさんの書籍と本好きの人々が集まる書店やブックカフェ、図書館には、それぞれ独自の「表情」がある。今回紹介する個性的な「本の居場所」は、東京・武蔵野市で2011年にオープンした市民活動のための施設「武蔵野プレイス」だ。生涯学習や青少年活動などをサポートする多目的施設の中核に図書館機能を据えて、地域のにぎわい創出に一役買っている。

◇  ◇  ◇

ざわめきや足音が聞こえる空間

武蔵野プレイスはJR武蔵境駅前の公園に面している。白壁と楕円形のガラス窓の外観が、周囲の緑を背景に柔らかな雰囲気を醸し出す。施設のコンセプトは「サードプレイス(第3の居場所)」。家を第1の居場所、職場や学校を第2の居場所に見立てて、そこから離れてくつろぎや楽しさを得られる「場」を意味している。

地上4階地下2階の建造物は、目的にかなった設計思想とデザイン性が高く評価されて2016年建築学会賞(作品)を受賞した。ミーティングや趣味活動に使う多数の部屋には、視界を遮断する扉がない。各フロアには廊下もないので、隣同士の部屋が緩やかに数珠つなぎになっている感じだ。1階から4階までは吹き抜けの構造になっており、どこにいてもざわめきや足音が聞こえてくる。

公共図書館は一般に、書物を中心に映像・音楽などのコンテンツを集めて、閲覧や貸し出しを通じて市民に利用してもらう役割が重視される。ところが武蔵野プレイスは地域の「にぎわい創出」にも図書館が貢献している珍しいケースだ。2階の「こどもライブラリー」では、乳幼児から小学校高学年までを対象にした児童書を約4万冊そろえている。来訪した親子が同じフロアで本探しや読書を楽しめるように、住まいや料理など暮らし関連の書棚も配置した。子どもたちが靴を脱いで自由に本を読めるスペース「おはなしのへや」や授乳スペースなども併設している。

地下2階の「ティーンズスタジオ」にはダンスの練習もできる「パフォーマンススタジオ」や、楽器演奏のできる「サウンドスタジオ」がある。フロアの一画を占めるのが、芸術系や青少年向け図書を集めた「アート&ティーンズライブラリー」だ。ダンス好きや音楽好きの若い来館者に、本や雑誌にも親しんでもらえるようにとの狙いがある。

ビジネス書などの書評を紹介