恥ずかしがる娘もOK 「友ブラ」で思春期の胸をケア

日経DUAL

初めてのブラジャーは「友ブラ」作戦が効果的(写真はイメージ=PIXTA)
初めてのブラジャーは「友ブラ」作戦が効果的(写真はイメージ=PIXTA)
日経DUAL

女の子は、生理が始まる前に、胸の変化が始まります。平らだった胸がだんだん女性らしい「おっぱい」の形を形成していきます。形が変わるだけではなく、乳頭がチクチクしたり、敏感になったり。気持ちにも影響するでしょう。思春期の胸を「守る」ためのブラジャーについて考えていきます。出産・育児ジャーナリストの関川香織さんが、女の子の体と心の成長を見守っている2人の方にお話を聞きました。

「胸を守る下着」に徐々に移行し、ファーストブラへデビュー

この記事を読んでいるお母さんたちは自分自身が、初めてのブラジャーを着けたのはいつだったのか、覚えていますか? 下着メーカー、ワコールの上地朋子さんは「初めての生理は覚えていても、初めてのブラジャーの記憶はあいまいな人が多い 」と言います。「それは胸の変化は徐々に起こることだからかもしれません」

上地さんはワコールの「ツボミスクール」講師。ツボミスクールは、小・中学校で思春期の体の変化についての出前授業を行っています。特に胸の変化についての授業を展開していて、年間に訪問する小・中学校は約400校。2001年にスタートしてから約13万人の生徒と保護者が授業を受けています。

ワコール総合企画室広報・宣伝部の上地朋子さん。小・中学校で思春期の体の変化について出前授業を行う「ツボミスクール」の講師の一人

「胸の変化が始まるのは、初経の1年半ほど前といわれています。実はその頃からブラジャーを着ける準備を始めたいのですが、初めての生理は個人差があって逆算はできないので、予測するのは難しいでしょう。

また、初めての生理の時期はよく身長・体重の変化と関係しているといいますが、実はそれだけではないということも分かっています。統計的には10歳前後ですが、それも個人差が大きいもの。なので、実際に、胸を守るための下着(ブラジャーやブラジャーに準ずる下着)を初めて着ける時期は、体形を見て判断するということになります」

体形に合わせて、いつ、どのような下着を選べばいいのでしょうか。

胸の先がかゆい、チクチクするが最初の切り替えの目安

「本人が自覚する変化としては、胸の先がかゆい、チクチクする、ぶつかると痛いといったように、敏感になってきます。ツボミスクールではこの頃を『乳頭期・乳輪期』、もしくは『ステップ1』と呼んでいます」

ステップ1の時期に適した、胸部分が二重になったキャミソール。特に胸が当たる部分はやわらかいコットン素材が使われており、デリケートな成長中の胸を守る

「その次に乳房が全体的に膨らんでくるのが『乳房期(ステップ2とも呼ぶ)』です。最終的には大人のように丸く立体的になる『成熟期(ステップ3とも呼ぶ)』で、おわんのような形になっていきます」

ステップ2に適したブラジャー。膨らみ始めた乳房を自然に守る形。右は肌が当たる裏側の部分。布地がやわらかく、運動量の多い小学生が付けても蒸れにくいメッシュ素材を使ったもの

「ステップ3になったら、確実にブラジャーが必要です。本人が、洋服がこすれて痛い、かゆいというだけでなく、走ったら揺れるし、見るほうも目のやり場に困る、そういう時期になるからです」

ただ、ステップ3になったらいきなりブラジャーを着けるのでは女の子にとっては戸惑いも大きいでしょう。

ステップ3の胸に適したジュニアブラ。ワイヤレスだが、乳房がおさまる部分はカップの形になっている

上地さんは、ブラジャーに抵抗感を持たせないように、「胸の変化の初期、ステップ1の頃からブラジャーに準ずる下着を着けることが大切」と話します。「初めは、胸の部分だけ二重になっているキャミソールやタンクトップからスタートしましょう。胸が服に透けないだけでなく、肌が触れる部分がやわらかい素材のものを選べば、バストトップを刺激から守ってくれます。ステップ2の頃は伸びが良くしめつけの少ない素材で、胸を優しく包むブラジャーを選び、ステップ3ではいよいよやわらかいワイヤ入りのブラを、という段階を踏むと、スムーズにブラを受け入れられると思います」

娘の胸が徐々に膨らんでいく変化の過程は、普段から一緒にお風呂に入ったり、着替えるところを見ていたりすれば分かります。しかし、8~9歳になると、自分のことは自分でするようになっていて、母親でも裸を見る機会は減っているのではないでしょうか。

「体操着チェックをしてみるといいですよ。体操着を1枚だけで着たときに、どのくらい胸が目立つのかを見ると、下着の必要性がよく分かります。胸そのものはまだ膨らんでいなくても、乳首がちょこんと目立つようになったらステップ1、スタート段階です。

実は体操着って、親としては週に1度は洗って干してたたんで、と見慣れている気がしますが、子どもが着た姿というのは、せいぜい運動会くらいでしか見るチャンスがないもの。第二次性徴期の体は、半年、1年の間に、大きく変化します。だから、時々体操着を着せてチェックしてみるといいのです。もちろん白いTシャツでもいいです」(上地さん)