1年中餅パーティーがしたくなるスライサー

冬は鍋パーティーが楽しいですね。なかでもしゃぶしゃぶはちょっとしたエンタメ性もあって、みんなでワイワイと楽しめると思います。そして私が好きなのが、餅のしゃぶしゃぶ。最近は薄切りの餅も市販されているので、肉や野菜と一緒に楽しめます。

そこに、餅のスライスも自分でやってしまおうと登場したのが「しゃぶしゃぶ餅スライサー」。実は、市販されている薄切り餅は厚さ1ミリのものが一般的。しかし、1ミリだと、鍋の中ですぐに溶けてしまう。これでは楽しめません。この餅スライサーは、3ミリの厚さにスライスするというもの。とても小さな進化ですが、これが大ヒット中です。わずか2ミリ違うだけですが、溶けにくく、食感が楽しめます。

曙産業「しゃぶしゃぶ餅スライサー」(税別2200円)
ホルダーに餅をセットする。使うときは立てた状態でスライスするとキレイに切れる

使い方は簡単。ホルダーに餅をセットします。ホルダーをスライサーにセットして、立てた状態でスライスしていくというもの。ホルダーにはバネ付きのフラップがあって、ゆっくり下に押していくと餅はスライスされて出てきます。子供でも扱えるので、家族でのパーティーにもおすすめです。スライスしたいがために、餅を購入してしまうという人が続出するかもしれませんね。

食べやすくする新発想、見た目もユニークな焼き串

バーベキューや焼き鳥、ケバブ、チキンサティなど、串を使う料理はいろいろあります。どれもパーティーに並ぶと華やかになりますよね。ただし、いざ食べようと思うと少し食べにくく、串からはずして食べることも多いのではないでしょうか。その不満点を見事に解決したのが、アーネスト「櫛みたいな焼き串」です。名前のとおり、髪の毛をとかす櫛(くし)のような、魚の骨のような形をしている串。これなら好きなところから食べられます。

アーネスト「櫛みたいな焼き串」(2本セット、税別1500円)

串が変化するという概念がまるでなかったので、これを見たときは感動しました。ステンレス製なので、何度でも使え、竹製のように燃えてしまうこともない。しかも、どこからでも食べられるという、串料理の食べ方まで変えてしまいました。すてきなアイデアですよね。串の先端が鋭いので、そこだけ注意が必要ですが。これはぜひパーティーで使ってほしいアイテムです。

どこからでも食べられるのが新しい
次のページ
いつまでも冷たいビールが飲めるアイデアジョッキ