「やってみなはれ」秘話 10年目社員のやり抜く力[PR]サントリー/グローバル社員編

2019/11/29
その会社でどのようなキャリアを築けるのかを知りたいのなら、入社10年目前後の社員の働き方を見るのがいちばんだ。就職人気ランキングで上位の常連企業であるサントリーのオフィスを訪ね、社員たちの本音を聞いた。今回はグローバル人材編。サントリーを志望する学生であれば知っておくべき「やってみなはれ」という言葉の真意も、あわせて確かめてきた。

「常識を超えた挑戦」で成長してきた

副業が広がるようになり、2枚目、3枚目の名刺を持つ人は珍しくなくなったが、自社で3つの肩書を持つ人に出会ったのは小崎洋平さんが初めてかもしれない。それぞれデジタルマーケティング本部海外推進グループ課長、グローバルヘルスケア開発部課長、経営企画・財経本部課長。2008年に入社し、11年目ながら、3つの部署で「課長」を務めている「つわもの」だ。

現在、仕事の比重が最も高いのは、デジタルマーケティングだという。それでも「私、デジタルもマーケティングも経験していないんです。そんなところに『課長』として仕事を任せる会社って……」と笑う。

複数の社員に会って話を聞くうちに、サントリーという会社の本質はこうした「常識にとらわれない挑戦」に現れることがわかってきた。挑戦を社員に乗り越えさせるだけのバックアップ体制があり、挑戦を乗り越えた社員は急激に成長する。それを会社として期待し、実現させているようだ。

そして、サントリー社員を挑戦に駆り立てる言葉が「やってみなはれ」だ。サントリー創業者の鳥井信治郎氏が新事業に挑戦する社員を「やってみなはれ」と励ましたという。2代目の佐治敬三氏がビール事業への再参入を目指したときも、鳥井氏は「やってみなはれ」と背中を押した。サントリーのDNAと言っても過言ではない。

大学院で流体力学という工学系の学問を専攻し、海などに浮かぶ巨大構造物「メガフロート」の研究をしていたという小崎さん。専門的な研究の道を突き詰めるか、もっと広い世界に飛び込むか。小崎さんは後者を選び、サントリーの門をたたいた。入社1年目。最初に配属されたのは、企業の合併や買収を専門に行うM&Aの部署だった。

「理系の学生で何も知らなかったのですが、まあ、むちゃですよね(笑)。当時の上司に『M&AのMとAって何か知っているか』と聞かれて、『いやー、なんですかね』と答えたほどでした。今や笑い話ですけど」。当時は会議に参加しても、日本語が日本語に聞こえないくらいのアウェーな状態。それでも上司や先輩が懇切丁寧にアドバイスをくれたという。「これはサントリーの良さだと思うのですが、成長を後押ししてくれるカルチャーがあるんです」と明言する。

小崎さんが入社したのは、ちょうどサントリーが海外市場に打って出ようとしていた時期と重なる。M&Aの部署も新設されたところだった。理系大学院生だった小崎さんも、海外の清涼飲料の買収などグローバルな仕事のど真ん中に放り込まれ、ビジネスを実践で学んでいった。

まさに、「やってみなはれ」を地で行く小崎さんにとって最大の「やってみなはれ」は、1兆6500億円を投じたビーム(現ビームサントリー社)の買収と、買収後のビーム統合の仕事だったという。米国の上場企業だったビームと、日本の非上場企業であるサントリー。あまりに異なるバックグラウンドを持つ2社を一つにまとめていくという、途方もない挑戦。さらに、スペインのビジネススクールIESEへの留学準備時期にも重なった。

サントリーとビーム双方に統合を推進するためのインテグレーションマネジメントオフィス(IMO)が立ち上がり、小崎さんはサントリー側の中心メンバーに抜てきされた。「ビーム側のカウンターパートは、コンサル出身でものすごく頭の切れるメンバー。理路整然とマトリクスモデルなどを駆使して、日本側にもどんどん対応を求めてくるわけですよ。それを『ちょっと待ってくれ、まずは異なる思想や文化をお互い理解していくことが先だ』となだめたこともありました。本当に大変でした」と振り返る。

ビームとの統合業務とビジネススクールへの留学を経験した小崎さんは今、サントリーのグローバル戦略を体現する「10年選手」の一人だ。あらためて「やってみなはれ」をどのようにとらえているのかを聞いた。

「入社する前はなんとなく『挑戦』くらいの感じだと思っていました。でも、本当の『やってみなはれ』は、それよりはるかに厳しい言葉。『高い目標を自分で掲げて、最後まで徹底的にやり抜く』という意味だと今は理解しています。幸い、『やってみなはれ』を実現できる場をサントリーという会社は提供してくれるし、支援もしてくれます。何か達成したいことのある人に是非、私たちの仲間になってほしいです」と力強く語った。

グローバル商品開発チームのリーダーに抜てき

柔らかな光をたたえる六角形の瓶。桜花や柚子(ゆず)など、日本を感じさせる6種類の国産素材がそれぞれの面に彫り込まれている。中身は透明な蒸溜酒、ジンだ。名前をジャパニーズクラフトジン「ROKU(ロク)」という。

「ROKU」をいとおしそうに眺めながら「開発チームのみんなでOur Child(私たちの子ども)と呼んでいます」と話してくれたのは、2019年に入社10年目を迎えた海外戦略部の岡本彩さん。商品開発と海外戦略の分野でキャリアを積んできた。

中学と高校時代をフランスで過ごし、大学でも1年間のアメリカ留学を経験した岡本さんが大事にしているポイントは「多国籍、多文化のメンバーと一緒に何かを成し遂げることにワクワクする」というもの。「日本のものづくりを海外に届け、海外のものを日本につなげる。そういう日本と海外の架け橋になるような仕事をしたい」と希望してサントリーに入社した。

「ROKU」は、サントリーのグローバル戦略の象徴的な存在だ。ウイスキーなど蒸溜酒の世界的名門、アメリカのビームを総額1兆6500億円で買収してビームサントリーとしたのが約5年前。サントリーとビームがグローバルマーケットを目指し、ゼロから共同開発した商品の第1号がこの「ROKU」なのだ。

岡本さんは、入社7年目でプロジェクトリーダーに選ばれた。これだけ重要なプロジェクトのリーダーを若手社員に任せたことに、率直に驚いた。尻込みをしてもおかしくはないが、岡本さんは「本当にラッキーでした。自分の考えた商品を海外に広げられる機会はなかなかないですから」と言い切る。まさに、岡本さんにとっての「やってみなはれ」だった。

「7年目ではなかなか大変だったのではないですか」と聞くと、「自分は与えられたミッションを一生懸命やるしかない、と思っていました。任命責任ということで(笑)。でも、期待には応えたいと強く思っていました」とかわされた。

日本、オーストラリア、ドイツ、イギリスの4カ国からなる多国籍チームが2017年7月に生み出した「ROKU」は、まさに岡本さんの子どものようなもの。そして、時を同じくして岡本さん自身も子宝に恵まれた。無事に「ROKU」を発売し軌道に乗ったのを見届けて翌年の18年5月から産休に入った。

そのときの心情について、岡本さんは「葛藤は正直なところ、あった」と明かす。チームと試行錯誤してやっと作り上げた「ROKU」が世界のマーケットに広がっていく過程に直接、関われなくなるもどかしさがあった。「産休中は毎日SNSを見ていました。世界各国の『ROKU』についての投稿を見て、気になる内容があれば、引き継いだ同僚に送っていました」と話す。

19年5月に産休と育休から復職した岡本さんは、再び「ROKU」の担当になった。「ROKU」は今、サントリー全体でも重要な戦略商品として位置づけられ、注目度は格段に高まっている。

同時に、母親となった岡本さんは、自身のこれからのキャリア形成についてさらに思いを巡らせるようになった。「例えばビームサントリーの外国人の女性社員は、子どもがいても意欲的に自分のキャリアを追求し、海外出張も躊躇(ちゅうちょ)なくしています。私を含め日本人はまだ意識が遅れていると思う部分もあって。でも、もっと自分のマインドを変え、周囲にも積極的に発信していきたい。私と同じような思いを持った女性が増えてくれれば、とてもうれしいです」と笑顔を見せた。

サントリー採用情報はこちら

【PR】提供:サントリー / 企画・制作:日本経済新聞社 デジタル事業 Nブランドスタジオ

サントリーホールディングスは、働き方改革を通じて生産性を高め、持続的に成長する先進企業を表彰する「日経Smart Work大賞2020」において、2年連続で大賞を受賞しました

>> 詳細はこちら

学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
Mirai アーカイブズ
学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
Mirai アーカイブズ