二輪レーサーを演じた主演映画「汚れた英雄」(1982年)をはじめ、若い頃の話題作では常に二枚目路線。ただ俳優としての欲が出てくるにつれて「二枚目俳優の代名詞みたいなとらえられ方が嫌になった」。違うところも見てほしい。イメージを裏切りたい。そんな気持ちが人一倍あった。

そして「ガツンというほど圧倒的な」転機が訪れた。16年に三谷さん脚本のNHK大河ドラマ「真田丸」に出演。草刈さん演じる戦国武将、真田昌幸役はユーモアあふれるおちゃめなキャラとして注目を集め、草刈さんは突如バラエティーでも引っ張りだことなる。「三谷さんは僕の内面を見抜いていた。恩人です」

コンプレックスに悩まされていた20~30代

仕事ではいつも、人との出会いによって進むべき道が示されてきた。17歳で上京し、モデルの仕事から役者の道へ。どんなに売れても20~30代はコンプレックスに悩まされていた。「芝居の勉強をしたことがなくてバックグラウンドもない。ぽっと出のモデルですからね」。やがて30代半ばから仕事が急減した。そのとき共演した女優から「あなた舞台をやりなさいよ」と言われ、おそるおそる飛び込んでみた。

舞台、テレビ、映画と「この4~5年は本当にいい作品に恵まれてラッキーでした」と話す 撮影:筒井義昭

「3時間ノーカット、膨大なセリフ。さすがに怖いと思っていたのですが、演じてみると人前でパフォーマンスすることが好きなのだと気付きましたね。今までにはなかった自信がつきました」。活動の場を舞台へと広げ、淡々と努力を重ねたことが再ブレークへとつながった。

「僕の年でもう、これがやりたい、あれがやりたいというのはあまりなくて。三谷さんのように、僕を面白く料理してくれる人と、仕事ができたらなと思います」

草刈 正雄
1952年生まれ、福岡県出身。 1970年にモデルとしてデビュー。その後も舞台やドラマ、映画で名演をこなし、映画 『 記憶にございません! 』 では政界を牛耳る官房長官役を好演するなど、幅広く活躍。

(Men's Fashion編集長 松本和佳)

「SUITS OF THE YEAR」記事一覧

SUITS OF THE YEAR 2020

新型コロナウイルスの影響で、2020年は初のフルCGで作成した会場でのバーチャル授賞式。
時代の節目に挑み、大切なメッセージを放つ5人を表彰した。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
SPIRE
SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
Instagram