デイトレ重ね億り人へ 借金2000万円から逆転

「日経ヴェリタス」創刊以来の名物コラム。毎回1人の個人投資家を取り上げ、その人の投資歴の泣き笑いを赤裸々に紹介しています。
今回は高沢健太さん(43)。2児の父で趣味はメダカの飼育。株式投資セミナーの講師なども務める。

2016年10月~

高沢健太さん 努力は運を支配する

まだ30代だったが、ベンチャー投資詐欺に引っかかり、2000万円の借金を背負った。子供からどうしても進学したい私立高校があると言われ、保険代理店に勤務しながらアルバイトを3つ掛け持ちした。それでも教育資金が足りず、株式投資を決意。ツイッターで話題の銘柄を中心に株を買い始めた。株式投資の日誌を毎日欠かさず書き始め、注目している銘柄の値動きの癖を見つけることができるようになった。

17年1月~

デイトレーディングでメガネスーパー(現ビジョナリーホールディングス、9263)などに投資。100万円勝つことができたが、株価はそこが天井だった。ナンピン買いするも最終的に800万円損切りすることに。自分で見つけたルールを守らずに感情に任せてトレードをしてしまった。それを教訓に3月から順調に勝ち続け、1年後の18年2月には株による収益が1億円を突破。1億円突破と同時期に独立し、自身の会社を設立した。

基本的に資生堂(4911)、アサヒグループホールディングス(2502)など自分が興味を持った銘柄や日常的に目にする銘柄で取引している。もちろん、スイングトレードもするが、デイトレでコツコツ稼ぐことを意識している。常にチャートに目を配り、1日中売り買いを何銘柄も繰り返した。

18年3月~

本来の自分のセオリー通りなら利益確定すべきところをせず、大きな損失を被った。欲をかいてしまい、この時もナンピン買いを重ねてしまった。

19年~

現在のポートフォリオは株式が7割、外国為替証拠金(FX)取引が2割、その他に金や暗号資産などが1割程度。損しないことが第一だが年3倍のリターンを想定している。高級車をはじめ、自分が欲しいと思っていたものは大体購入できるようになった。

[日経ヴェリタス2019年11月10日付]

近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし