データで選手育て 球種・球速を測るIoT野球ボール

IoT野球ボール「TECHNICAL PITCH(テクニカルピッチ)」を投げて、球速を測定する投手
IoT野球ボール「TECHNICAL PITCH(テクニカルピッチ)」を投げて、球速を測定する投手
日経クロストレンド

ピッチャーが大きく振りかぶり、ボールを投げるとキャッチャーミットが小気味よい音を上げる。傍らに立つコーチが手にしたスマートフォンの画面に、球速が表示された。このピッチャーが投げているのは普通のボールではない。アクロディア(東京・新宿)が2017年9月に発売したIoT野球ボール「TECHNICAL PITCH(テクニカルピッチ)」だ。

同ボールは、球速や回転数、球種などを測定できるもので、大学や高校の野球部を中心に5000個を販売。登録ユーザー数はすでに2万を超え、100万球の投球データをクラウド上に蓄積している。

アクロディアが開発したIoTボール「TECHNICAL PITCH(テクニカルピッチ)」。各種センサーを内蔵し、球速、回転数、回転軸、球種、変化量などを測定できる。価格は、2万7500円(税別)

このボールは、硬式野球ボールの規格に準拠しているが、19年12月には同じ機能を備えた軟式野球ボールを発売する。軟式野球チームは、軟式野球連盟に登録したチームだけで4万8000。競技人口は硬式野球よりも格段に多く、ユーザーの裾野は一気に広がる。野球は、北米と中南米のほか、中国や韓国などアジア地域でも人気があり、海外展開も見込めるなど、テクニカルピッチのユーザーは大幅に拡大する見込みだ。

センサーは硬式球のコルク芯と同サイズ

アクロディアは、もともと携帯電話向けのソフトウエア開発などを手掛けていた。こうしたソフトでは携帯電話機に搭載された加速度センサーなどの機能を使うことも少なくなかった。ここで得たノウハウを生かし、新規事業としてセンサーを活用したテクニカルピッチの開発に着手した。

テクニカルピッチは、角速度、加速度、地磁気の各センサーを搭載し、Bluetooth通信機能を備えた硬式野球ボール。硬式野球ボールは、通常、コルク芯の周囲をゴム、毛糸、牛革で覆っている。テクニカルピッチは、コルク芯の位置に独自開発のセンサーデバイスを埋め込む。デバイスのサイズと重量はコルク芯と同じに設計しているため、握った感覚は通常の硬式野球ボールと変わらない。

このボールを投げることで、球速、回転数、回転軸、球種、変化量、ピッチャーが構えてからボールをリリースするまでの時間、リリースしてからキャッチャーが捕球するまでの時間を測定できる。投球するとスマートフォンの専用アプリに測定結果が表示される。価格は2万7500円(税別)。1個のボールに対して、複数人がユーザー登録可能で、チームで共有できる。

MONO TRENDY連載記事一覧