食がテーマの体験型商業施設 横浜ハンマーヘッドに

日経クロストレンド

横浜ハンマーヘッドの外観。施設名の由来となっているハンマーヘッドクレーンは、経済産業省近代化産業遺産、土木学会選奨土木遺産として認定されている
横浜ハンマーヘッドの外観。施設名の由来となっているハンマーヘッドクレーンは、経済産業省近代化産業遺産、土木学会選奨土木遺産として認定されている
日経クロストレンド

横浜市と新港ふ頭客船ターミナルが公民連携で運営する横浜ハンマーヘッドに2019年10月31日、「ハンマーヘッド ショップ&レストラン」がオープンした。「食」をテーマに、調理や加工の工程を見せるなど体験・体感型が特徴だ。同施設では年間来場者500万人、年商30億円を目指すという。

■新業態・初出店など計25店舗が営業を開始

横浜ハンマーヘッドは客船ターミナル、ショップ&レストラン、国際ホテルが一体となった複合施設。ピア(埠頭)と呼ばれる三方を海に囲まれた立地を生かし、街と陸・海・空をつなぐ海の駅「ヨコハマ ウミエキ」をコンセプトに開発が進められている。

1階の「JAPAN RAMEN FOOD HALL(ジャパン ラーメン フード ホール)」には、神奈川初出店の「初代」「麺厨房あじさい」、横浜初の「札幌麺処 白樺山荘」、新ブランド「博多 一星」「K's collection 辛味噌サンマー麺」が出店
「SELECTED ENTERTAINMENT LAB.(セレクテッド エンターテインメント ラボ)」という新業態を掲げる「Bayside Motion(ベイサイド モーション)」では、クリエイターが厳選したアーティストやディスクジョッキーのステージパフォーマンスを楽しめる

他の施設より一足先にオープンした「ハンマーヘッド ショップ&レストラン」には、5軒の人気ラーメン店とバーカウンターからなる「ジャパンラーメンフードホール」など、新業態・初出店を含む25店舗が出店。体験・体感型をうたうだけあって、多くの店舗は食材を調理・加工する工程が外から見える構造になっており、「鎌倉紅谷 Kurumicco Factory」のようにお菓子作りを体験できるワークショップを開催している店舗もある。

鎌倉の老舗スイーツファクトリー「鎌倉紅谷 Kurumicco Factory(クルミッコ ファクトリー)」のワークショップは、自分で作った「クルミッ子」をお土産にできる。開催は土日のみで、予約は3カ月先までいっぱいとのこと
クラフトチョコレートショップ「VANILLABEANS THE ROASTERY(バニラビーンズ・ザ・ロースタリー)」はチョコレート作りの工程を見て楽しめる他、その場でオリジナルのチョコレートを作れるオーダーメードサービスを提供
「YOKOHAMA CARAMEL LABO(ヨコハマキャラメルラボ)」は横浜発祥のキャラメル専門店。キャラメルの製造過程を店外から見学できる
「ありあけハーバースタジオ」では、焼きたての「ハーバー(船の形をした焼き菓子)」を食べられる。撮影ブースを用意し、撮った写真をハーバースタジオ限定の船型パッケージに印刷するサービスも提供
サーモンをはじめとするシーフードおよびクラフトビール、自家焙煎(ばいせん)コーヒーなどを提供する「QUAYS pacific grill(キーズ パシフィックグリル)」は、ブルワリー(醸造所)、ディスティラリー(蒸留所)、ロースタリー(焙煎所)を併設した新業態

2020年にかけて進む新港地区の観光開発

ショップ&レストランのオープンに合わせて、JR桜木町駅と横浜ハンマーヘッドを結ぶバス路線「ピアライン」も運行を開始した。特徴的な青色ラッピングを施したバスは、朝夕は速達性を重視した短時間ルート、日中は大さん橋を経由する周遊ルートを通る。また神奈川県では初となる、水素で走る燃料電池バスも運行するという。

ピアラインを運行する燃料電池バス
ピアラインの運行ルートは朝夕と日中で異なる

さらに横浜市港湾局では20年3月の完成を目指し、ハンマーヘッドクレーンの周辺に「ハンマーヘッドパーク」を整備中。ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル裏から、カップヌードルミュージアムパーク(新港パーク)へと延びる「みなとみらい歩行者デッキ(仮称)」も20年7月の供用開始予定となっている。

(文・写真 堀井塚高)

[日経クロストレンド 2019年10月31日の記事を再構成]