歴代の本屋大賞作品から選ぶ 読書家おすすめの10冊

笑った本、泣いた本、勇気をもらった本……。本好きの書店員が選ぶ「本屋大賞」なら、面白くないわけがない。実際に5作品以上読んだ1000人がお薦めの本を選んだ。

■1位 舟を編む(三浦しをん)998ポイント
言葉の面白さ・仕事の地道さ 伝わる

出版社の辞書編集部を舞台に、主人公の青年が個性豊かな編集者や研究者らとともに新しい辞書づくりに取り組む姿を描いた。小説のテーマとなっているのは「言葉」。「すべてのことをインターネットに頼っている息子に、辞書が苦労と愛情の結晶であることをわかってほしい」(62歳女性)。「職場の理系の人に、言葉の面白さをわかってほしい」(23歳男性)。読書を薦める際、言葉の面白さに注目することを挙げる人が多かった。

あまり知られていない辞書編さんの困難な過程を丁寧に描いている。「仕事が嫌になっている人に、時間をかけてコツコツと成果を積み上げていくことの大切さを読み取ってほしい」(55歳女性)。「仕事についてのスタンスなど自分と比較すると発見があるかもしれない」(46歳女性)という意見もあった。仕事についても考えさせられる。

自分で読み返したい作品とした人が最も多かった。「大人になって読むのでは感じ方が違うと思う」(22歳女性)。「主人公に感情移入して読んだが違う人物の視点で読んでみたい」(55歳女性)

(1)出版社 光文社(2)価格 文庫本682円(3)発行部数 136.7万部(4)選考の年、結果 2012年、大賞

■2位 告白(湊かなえ)731ポイント
予想を超える展開 一気に読了も

娘を亡くした女性教師が、犯人である少年を指し示した教室から物語は始まる。「級友」「犯人」「犯人の家族」と語り手を変え、事件の真相に迫る。読後の感想が分かれる衝撃的な結末まで一気に読み終えたという人が多く、「予想を超える展開。読み進めるうちに、最後が気になって仕方がなかった」(26歳女性)。面白かった作品としてトップに挙げた人が最も多い作品だった。

ミステリー好きに薦めたいが、「自分の子供に、他人に対しどのように接していけばよいのかのヒントとして読んでほしい」(47歳女性)という声もあった。

(1)双葉社(2)681円(3)357.2万部(4)09年、大賞

■3位 海賊とよばれた男(百田尚樹)724ポイント
戦後の事業家 生きる姿に勇気

石油会社を立ち上げた男が、敗戦ですべてを失った後、社員を一人も解雇せずに事業を再生し、石油を武器に変えて世界と対峙した生きざまを描く。出光興産の創業者・出光佐三がモデル。「日本の戦後を感じる」(55歳男性)。「この時代の男たちに胸が熱くなった」(37歳男性)。「経済小説として面白い」(67歳男性)。男性に面白かったとした人が多かった。

「後輩社員に人のために頑張る姿が美しいことを伝えたい」(38歳女性)など、同僚に薦めたいという声が集まった。「気持ちを奮い立たせたい時に読みたい」(38歳男性)と「読み直したい作品」に挙げた人も。

(1)講談社(2)(上)(下)各825円(3)442万部(4)13年、大賞

■4位 博士の愛した数式(小川洋子)705ポイント
平易な表現 数学嫌いもファン

記憶を失った天才数学者「博士」のもとに派遣された家政婦の「私」、10歳の息子「ルート」。博士の大切な言葉である「数字」を媒介に3人の心の交流を描く。「淡い記憶の中でも精いっぱい生きようとする博士がいとおしかった」(26歳女性)

数式が並ぶが、数学嫌いの「私」のシンプルな言葉でつむがれ、「作者の小説に共通する異形な美しさや静けさが好き」(52歳女性)と女性の支持を得た。「数学好きに」(26歳女性)という一方、「嫌いでも、数学を違った角度で見られる」(22歳男性)

(1)新潮社(2)605円(3)276.3万部(4)04年、大賞

■5位 蜜蜂と遠雷(恩田陸)670ポイント
ピアノの音 色彩豊かに表現

若いピアニストたちの青春群像劇。コンクールを通して様々な才能を持つ参加者の人生を描く。「ピアノの音を色彩豊かに描いた作品」(66歳男性)。演奏の描写を理由に面白かったと答えた人が多かった。「クラシック音楽を実際に聴きながら読んだ。今までにない立体的な読書だった」(67歳女性)という人もいた。

薦めたい相手としては音楽好き、ピアノを弾く人が多かったが、「格闘技みたいに楽しめるので格闘技好きに」(36歳男性)という声もあった。17年1月直木賞も受賞した。

(1)幻冬舎(2)(上)(下)各803円(3)149.3万部(4)17年、大賞