性格免許証・いちごアメ…2019年10代発ヒット商品

日経トレンディ

アプリ「Zenly」では位置情報を共有できるほか、電池残量も確認できる
アプリ「Zenly」では位置情報を共有できるほか、電池残量も確認できる
日経トレンディ

「平成」が幕を閉じた2019年。人々の高揚感の後押しもあり、様々なコンテンツがヒットした。10代ではさらなるインスタ映えに加え、コミュニケーションツールにも変化が。「性格免許証」など診断サービスがはやり、位置情報共有アプリ「Zenly」は親子で使う家庭も。2019年のTik Tokのように、大人にも広まるヒットの芽を探った。

●1位.位置情報全見せアプリ

「Zenly」は友人の現在地やスマホの電池残量まで、常に確認できる位置情報共有アプリ。待ち合わせに伴う連絡を省略できるのが魅力だという。「SNSに慣れた若い世代は、誰かとつながっている安心感を求めている」(10代の文化に詳しいITライターの鈴木朋子氏)。19年5月時点でAndroid版のダウンロード数は500万を超えた。

●2位.写真「微」加工アプリ

さりげない加工ができる写真アプリ「SODA」

「SNOW」と運営会社を同じくする写真アプリ「SODA」がまたもやヒット。「さりげない美顔加工」で、目の大きさなどを調整しても、違和感なく自然に「盛れ」、コンプレックスを解消できると人気を呼んでいる。「16年ごろ大ブームになった『SNOW』は『あざとい』という意見もあり、普段とあまり変わりなく美顔加工ができるアプリが選ばれている」(鈴木氏)。女子中高生が選ぶ19年上半期に流行したアプリ部門で第1位に輝き、累計ダウンロード数も右肩上がりだ。

●3位.カメラ位置「自由自在」の新世代プリントシール機

プリントシール作製機「#アオハル」(画像提供:フリュー)
カメラの高さや角度、向きを上下に動かすことで、ベストなアングルを見つけられる(画像提供:フリュー)

17年、日清食品のCMで一気に浸透した「#アオハルかよ」は、青春を今風に表現した言葉。こちらの「#アオハル」は、カメラを自在に動かせるプリントシール作製機だ。全身撮影できる点が今どきの高校生にヒット。登場した19年2月以降、Instagramの「#アオハル」投稿数は、23万から4カ月で60万に。その7~8割が同機に関するものだった。

全身撮影や大人数での撮影も行える広いスペースを用意。思い出の一環として、撮影時の様子を動画で記録することもできる(画像提供:フリュー)

●4位.新型自己主張

性格免許証

ウェブサイト上で質問に答えると、性格診断の結果が免許証形式で表示される「性格免許証」が、1日に最大約3800万PVを獲得。SNSで匿名の質問に受け答えができる「Peing-質問箱-」は、19年9月の月間PV数が約3億と、前年同月比3倍に迫った。結果や回答をSNSに載せれば、さりげなく自己アピールできると若者の心をつかんだ。

Peing―質問箱―

●5位.指跡防止のハンドクリーム

「シーブリーズ スムースハンドジェラート」

資生堂が19年3月から限定販売したハンドクリーム。べたつきがなく、さらさらとした仕上がりになるのが特徴で、手汗を予防し、スマホの指跡を付きにくくするという。その機能面から、スマホを常に手放さない若い世代にヒット。「限定品だが非常に好調に推移した」(資生堂)。海外雑貨風のレトロ感あるパッケージも人気の理由となった。