生活習慣病・葉物嫌い… プロの作り置き料理で克服サービス多彩に 筋トレ向けメニューも

NIKKEIプラス1

今回のプランは1万65円。食材は4000円程度だったので、家族4人で1食あたり2813円の夕食となる計算だ。安くはないが、ファミリーレストランなどに行くより安く済みそう。健康的なうえにおいしく、葉物嫌いな娘もホウレンソウの白あえをぱくぱく食べた。

シェアダインの井出有希共同代表は「料理作り置きサービスといえば、子育て世帯の需要が中心だと思っていた。しかし、ダイエットや筋トレ中の20~30代のほか、生活習慣病の予防や透析患者の自宅療養食を望むシニアの需要が想像以上に高い」と話す。

掃除や子どもの送迎などとの組み合わせも

料理の作り置きサービスは夕食の準備に時間や手間を掛けられない共働きの子育て世帯を中心に、数年前から利用が広がり始めた。従来は一般的な家庭料理が中心だったが、離乳食やダイエット、生活習慣病予防など利用者の需要が細分化している。

例えば、マエストロサービス(東京・港)は生活習慣病対策の料理を提供すると同時に、掃除や子どもの送迎などと組み合わせたサービスも手掛けている。

毎日の食事は体づくりの源。たまにはプロの手を借りて、体に優しくおいしい料理を自宅で堪能してみてはいかがだろうか。

(岡田真知子)

[NIKKEIプラス1 2019年11月9日付]

近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし
注目記事
近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし