就活前に長期インターン バイトより本当に有利か

「長期インターンは就職に有利か」をテーマにしたイベントには大学1、2年生を中心に30人ほどが集まった(東京都中央区「ノースサンド」)
「長期インターンは就職に有利か」をテーマにしたイベントには大学1、2年生を中心に30人ほどが集まった(東京都中央区「ノースサンド」)

企業で数カ月にわたって社員のように働く長期インターンと、一般的なアルバイトはどちらが就職に有利なのだろうか。就活を早めに始める、いわゆる意識の高い学生は、長期インターン派が多そうだ。しかし、営業や接客の仕事には、アルバイトが役に立ちそう。長期インターンとアルバイト、そもそも何が違って、どちらが有利? よくある疑問をまとめた。

9月の金曜夜、銀座の真ん中に大学1、2年生を中心に30人ほどが集まるイベントがあった。テーマは「長期インターンは就活・入社後に有利か否か」。

このイベントを発案した野村恵永さんは専修大学4年生。大学2年のときからIT(情報技術)系企業などで長期インターンを複数経験した。「インターン先で先輩社員や人事担当の話を聞く機会もあった。自然と就活への心構えができたし、自分の将来の目標に近づくためにどんな会社を選ぶかを考えられるようになった。長期インターンは就活の際に必ず役に立つ」と実感しており、イベントを発案したという。

興味深いのは、集まった1、2年生のほとんどは「就活で有利になるからインターンで働きたいというよりは、将来にどう役に立つのかを知りたい」と考えていたことだ。

■バイト・インターン、法律上の立場は同じ

働くならバイトでもいいのではないか。一体何が違うのか。

そもそも、アルバイトも有給の長期インターンも法律上の立場は変わらない。インターン求人情報サイトJEEKを運営するTechouse(東京・千代田)の宇野蘭之介さんは「企業が採用した人を戦力、人材として育成しようと思っているかどうかの違い」と説明する。

アルバイトの場合、時間と場所、時給の折り合いがつけば採用になることが多いが、「長期インターンは企業が将来にわたって活躍する人材を育てようと思っているので、学生はなぜこの会社で働きたいかを説明できないと、採用してもらえないことが多い」(宇野さん)という。このためJEEKではサイトの利用者にキャリアアドバイザーがつき、自己分析や志望動機などを準備する機会を設けている。

企業側が戦力として育成しようとしているから、学生は様々なスキルを身につけることができる。これが、一般的な長期インターンのイメージで、どちらかというと単純作業が多いアルバイトとの線引きはこのあたりにある。

このためだろうか。「大学1年なのに長期インターンを考えていると、『意識メン』とかいわれがちです」。長期インターンの採用面接を控えた法政大学1年の小野瀬泰星さんはいう。意識メンとは意識が高い学生を指すらしく、もうそんなことを考えているのかと驚かれるらしい。

学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
Mirai アーカイブズ