テレビ画面から目を離せない番組 1位は『イッテQ!』

日経エンタテインメント!

リアルタイムだけでなく、タイムシフト(録画)視聴率も徐々に一般的になってきた昨今。視聴率には表れないが、実は見る人の心をつかんでいる番組はあるのか。ここでは、独自の方法で新しい指標を提示している調査会社に協力を得て、バラエティの隠れた人気番組を探った。テレビがついているときの滞在度(VI値)と注視度(AI値)から、どれだけテレビの前から離れず、目が画面に向いていたかの専念視聴度=「視聴質」を算出。ランキング化したのが表だ(調査はTVISION INSIGHTS社。録画視聴も含む)。

1位は『世界の果てまでイッテQ!』だった。2018年まで4年連続で視聴率トップの国民的番組は、視聴質も高かった。体当たりのロケ企画が、老若男女に好かれている。昨年、祭り企画でヤラセ疑惑が浮上したが、大幅なファン離れはなかった様子。女芸人による「温泉同好会」や、「出川哲朗のはじめてのおつかい」など、他にも爆笑を誘う企画が多数あり、見る人を引きつける内容は健在だ。

次いで、今年15周年の『天才!志村どうぶつ園』が2位となった。かわいい動物の映像は、それだけで癒やしの対象。動物の成長を見守ったり、不幸な境遇のイヌやネコに手を差し伸べたりと、心温まる企画が豊富で愛されている。

3位には『炎の体育会TV』がランクインした。調査期間での平均視聴率は9.4%で、上位5位では唯一10%を切るが、高い視聴質が得られていることが分かった。マスクを被って正体を伏せた有名アスリートが、将来を嘱望されている子どもと対決する企画や、卓球やサッカーなどで、目標となる的をどれだけ打ち抜けるかに挑戦する「100秒チャレンジ」シリーズなどが人気。結果が気になるのと同時に、応援しながら見る構図になるため、画面から目が離せなくなる人が多いようだ。

18年4月に開始して以来、注目を浴びている『チコちゃんに叱られる!』は、4位という結果。「眠くなるとなぜあくびが出るの?」「幽霊に足がないのはどうして?」など、当たり前に受け入れすぎて考えたこともなかった素朴な疑問が出題される。答えられなかったときの決めゼリフ「ボーッと生きてんじゃねーよ!」も浸透し、チコちゃんは様々なグッズや写真集が出るなど、キャラクターの引き合いも強い。キャラという共通点では、『有吉のお金発見 突撃!カネオくん』も18位。今年からスタートした新番組では唯一、上位20位にランクインした。キャラ×雑学系の相性の良さがうかがえる。

予測不能な展開に支持

そして5位には、視聴率も絶好調の『ポツンと一軒家』が入った。衛星写真を手掛かりに、人里離れた場所にポツンと存在する一軒家を訪れ、なぜそこで暮らしているのかを尋ねる。険しい山道を進んだり、怪しげな建物に辿り着いたりと、道中の緊張感が魅力。苦労して行っても誰も住んでいなかったりする“ガチ”感や、出会った人の数奇な人生ドラマを知れる見応えは、この番組ならでは。6月23日の放送で、番組史上最高となる視聴率20.7%を記録。『世界の果てまでイッテQ!』の牙城を崩した。視聴質の観点からも、多くの人が夢中になっていることが証明された。