居酒屋・カフェ…1杯50円も 進化するハッピーアワー

Paravi

飲食店で、夕方の早い時間帯に来店すると酒を安く飲めるサービス「ハッピーアワー」を導入する店舗が急増しています。その裏には、消費者の変化と飲食店の狙いがありました。

東京・新宿にある「串カツ田中」。午後5時には、すでに酒を飲んでいる客がいます。

メニューには、「超絶ハッピーアワー」の文字。レモンサワーとハイボールが、なんと50円!

串カツ田中では、全店舗でハッピーアワーを実施。午後5~6時までの間、破格の値段で酒が飲めます。

オープンしてすぐの時間は空席が目立ち、何とか早い時間帯にも来てもらえるようにハッピーアワーを始めました。

ハッピーアワーには、働き方改革で退社時間が早まった会社員らでにぎわう

早い時間帯の売り上げは2018年を超え、利益も出ているといいます。

働き方改革で退社時間が早まった会社員や、時間に余裕のあるシニアなど、新たな客層の獲得につながっています。

さらに東京・千代田の高級食品店「ディーン&デルーカ」でもハッピーアワーを導入しました。

サンドイッチやケーキなどが楽しめるカフェとして女性に人気の店で、居酒屋とは正反対の雰囲気ですが、午後4~8時まで、アルコールメニューが100円引きになります。

午後5時過ぎには、ビールを片手に食事を楽しむ女性客の姿が。会社帰りの女性が、ビールの次に頼んだのは、白ワインとケーキ。

食事からデザートまで幅広いメニューとともにアルコールが売れていくのは、ハッピーアワーだからこそ。これこそが、ディーン&デルーカの狙いです。

売り上げを伸ばすために、さまざまな飲食店で導入されるハッピーアワー。今後も広がりを見せていきそうです。

この映像と記事はテレビ東京「ワールドビジネスサテライト」(2019年8月21日放送)の内容を配信用に再構成したものです。

(C)テレビ東京

[PlusParavi(プラスパラビ) 2019年10月30日付記事を再構成]

[映像プレーヤーに倍速再生の機能が加わりました。ただし、Internet Explorerなど一部のブラウザではお使いになれません]