N
Men's Fashion
目利きが選ぶ旬アイテム

2019/12/6

目利きが選ぶ旬アイテム

ブルックスのパジャマは2種類ある。定番ものとクレージーパターンものである。形も上下別と上下一体型のタイプがある。素材はいずれもコットンで、ボタンダウンシャツと同じ生地(オックスフォードクロス)で仕立てたものもある。定番は無地など淡い色彩のものが中心で、真っ白もある。

素材がコットンなので汗もしっかり吸い取ってくれる
チェック柄を組み合わせたデザインのものもおもしろい。1万4300円

一方、クレージーパターンはいろいろなチェック柄を用い、おもしろいデザインのものが多い。

お気に入りのブランドのパジャマで気分高める

なぜ、ブルックスのパジャマなのか。それは日々の生活で、お気に入りの服を着て気分を高めるのと同じことではないかと僕は思う。お気に入りのブランドの定番のパジャマを着て、ウイスキーを寝酒に、快適な眠りにつきたいし、休日はパジャマ姿で、ゆったりとした気分で朝食をとりたいと思うから。もはやそれは理屈ではない。

間近にクリスマスが控え、新しい年を迎えるタイミングでもある。古くなった自分用のパジャマを買い替えたり、親しい人へのギフトとして贈ったりするのもいいだろう。

家庭用洗濯機の性能が上がっているとはいえ、まだまだシルクのパジャマの扱いは難しい。その点、コットンなら家でじゃぶじゃぶ洗濯できるし、寝ている間の汗もよく吸い取ってくれる。

寝る前にしっかりとパジャマに着替えることを習慣にすれば、マインドセットにもつながる。最近は、ちょっと近所のコンビニ程度までは着ていける「ワンマイルウエア」としてのパジャマも登場するようになってきた。とはいえ、、まだ人に見せるものではなく、究極の部屋着と捉える人は多い。

そのパジャマにちょっぴりお金をかけてみたら、朝もすっきり目覚め、疲れがとれて、心までもが豊かになっているはずだ。まさにその定番が、ブルックスのパジャマなのである。

※商品の価格は税込み

問い合わせはブルックス ブラザーズ ジャパン(0120・185・718)

小林新(こばやし・あらた)氏
大学卒業後、2006年に独立。雑誌や音楽、広告分野などを中心に活動。服にとどまらず、その周辺にある美術などもスタイリングの一環と考え、独自の視点を持つスタイリストとして定評がある。
SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
GIFT SPECIAL 2021
SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
Instagram